書家・佐々木竹翠〜いちごいちえ〜

東京で、かな書(ひらがな)をメインに、デザイン書や漢字の書を制作・発表している書家、佐々木竹翠のWeb Siteです。

ご訪問、ありがとうございます。

ノラネコぐんだん展@松屋銀座



DSC_0163~3

DSC_0164

松屋銀座で4/17から開催中の「ノラネコぐんだん展」内覧会に行ってきました。
絵本作家・工藤ノリコさんの、作家活動20周年記念のこの展覧会。
会場内はこんな感じで…

DSC_0182
↑きしゃぽっぽの車窓にニャンニャン。

DSC_0179
ワンワンお団子と原画

DSC_0173
↑個人的には、かるたが一番ツボにきた。

DSC_0172
↑各お部屋のタイトルもいちいち可愛い。

いや、もうこのスパイスの効いた可愛いさは、見なきゃ分かりません。

仕事に疲れた勤め人には、特にオススメです。。。(え?それって、私のこと?)

※会場内画像は、内覧会のため、主催者から特別に許可を許可得て撮影しています。


ノラネコぐんだん展

会期  平成31年4月17日→令和元年5月6日
時間  10:00〜20:00(4/21は19:30、最終日は17:00閉場。入場は閉場30分前まで)
入場料  一般800円 高校生600円 小中学生300円
会場  松屋銀座8Fイベントスクエア
          東京都交中央区銀座3-6-1


#ノラネコぐんだん
#ノラネコぐんだん展


ギュスターヴ・モロー展に行ってきた!


_20190401_204859Screenshot_20190401-204821~2

先日、このブログで書きましたが、パナソニック汐留美術館で開催中の「ギュスターヴ・モロー展」、早速行ってきました❗

行った時、丁度、学芸員さんによるギャラリートークの時間と重なり、私って本当に運が良い。

謎めいたギュスターヴ・モローの作品。その私生活も謎めいていたんですね。

サロメはもちろん、どんな女性でも内面に持っている、聖女と悪女が表現された作品の数々が、危うくて儚くて美しかったです。

DSC_0163~2
↑お気に入りの作品のポストカードをゲット。

今回、14年ぶりにギュスターヴ・モロー美術館からの作品を一挙に公開という事で、初来日作品もあり、絵画作品に素描や手紙約70点が展示されています。

会場も、テーマごとに壁の色が違っていて、こちらも作品とあわせて楽しめました。

会期中はトークショーや対談などのイベントもあるので、詳細は美術館公式サイトにてご確認下さい。



ギュスターヴ・モロー展  サロメと宿命の女たち

会期  平成31年4月6日(土)→令和元年6月23日(日)
開館時間  10:00〜18:00(入館は閉館30分前まで。5/10と6/7は20:00まで)
休館日  水曜日(但し、5/1、6/5,12,19は開館)
入館料  一般1,000円 65歳以上900円 大学生700円 中高生500円 小学生以下無料
会場  パナソニック汐留美術館
          東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4F

美術館公式サイト  https://panasonic.co.jp/ls/museum/


ラファエル前派の軌跡展@三菱一号館美術館

DSC_0137

三菱一号館美術館で開催中の「ラファエル前派の軌跡展」ブロガー内覧会に行ってきました❗


DSC_0120
↑三菱一号館美術館学芸員の野口玲一氏と、青い日記帳主宰のTak氏とのギャラリートークの後、会場内の作品を観賞。


1848年に結成された「ラファエル前派同盟」を、全面的に支援・指導した美術批評家ジョン・ラスキン。
この展覧会では、その功績を、ラスキンを含むラファエル前派の作家たちの、絵画からタペストリ、家具などの作品約150点と共に辿ることができます。

DSC_0108

DSC_0110

DSC_0109

DSC_0113

DSC_0115

DSC_0117

DSC_0122

DSC_0125

DSC_0102

DSC_0130


また、観賞後のお楽しみ、ミュージアム・ショップStore1894も、

DSC_0103

DSC_0104

安定の充実さ。
三菱一号館美術館さんのミュージアム・ショップは、いつも魅力的なグッズが多くて、ついついお財布の紐が緩んでしまいます…。

会期中は、4/25にこの展覧会の担当学芸員・加藤明子氏の講演、5/7にはコミュニティデザイナーの山崎亮氏のトークイベントもあり(詳細は、美術館公式サイトにてご確認下さい)、作品・グッズ・イベント全て楽しめる展覧会です。

DSC_0162
↑そう、美術館に併設するCafe1894の、展覧会コラボメニュー(チラシ向かって左側)も、非常に魅力的✨


平成から令和へと繋ぐゴールデンウィーク10連休(私は10連休ではありませんが…)はもちろん、休日やお仕事帰りなど、都心のど真ん中アクセス抜群の美術館で 、表現豊かな美術作品触れて、心も豊かになりたいですね。

※会場内画像は、内覧会のため、主催者から特別に許可を得て撮影しています。


ラファエル前派の軌跡展

会期  平成31年3月14日(木)→令和元年6月9日(日)
開館時間  10:00〜18:00(入館は閉館30分前まで。祝日を除く金曜、第2水曜、6/3〜7は21:00まで)
休館日  月曜日(但し、4/29、5/6、6/3と5/27は開館)
入館料  一般1,700円  高校・大学生1,000円  小中学生無料
会場  三菱一号館美術館
          東京都千代田区丸の内2-6-2

美術館公式サイト  https://mimt.jp/
展覧会サイト          https://mimt.jp/ppr/



次回展示情報
☆展示情報☆

〇常設展示〇

あーとカフェ笹峯ぎゃらり

東京都渋谷区幡ヶ谷1-32-15
10:00〜18:00
日曜・祝日休み

常設ですので、イベントや他の作家さんの発表の時は展示されていませんので、ご了承ください。
スケジュールは、ギャラリーさんのホームページでご確認ください。
http://sasamine.handmade.jp

アクセスカウンター
  • 累計:

ランキングエントリー中
ポチッとクリックお願いします! にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ にほんブログ村 美術ブログ 筆文字・アート書道へ
人気ブログランキングへ
Contact

名前
メール
本文
facebook
twitter Follow Me!
https://twitter.com/chikusui
Instagram/Chikusui
Instagram
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ