書家・佐々木竹翠〜藝術調教

東京で、かな書(ひらがな)をメインに、デザイン書や漢字の書を制作・発表している書家、佐々木竹翠のWeb Siteです。

ご訪問、ありがとうございます。

風景との対話 コレクション誘う場所@損保ジャパン日本興亜美術館

image


損保ジャパン日本興亜美術館で開催中の、「風景との対話 コレクショ誘う場所」の、web内覧会に参加しました。

この展覧会は、損保ジャパン日本興亜美術館の、約630点ある収蔵作品の中から、風景をテーマにした81点を展示した、秘蔵のコレクション展です。

まず、主任学芸員の中島啓子氏のギャラリートークで、

image


展覧会の見所や、主な作品の解説などを聞きまして…はい、この画像に写っている作品、会会場に入ってすぐのところに展示してある、ユトリロの”モンマルトルのサクレ=クール寺院”という作品ですが、個人的に、この展覧会イチオシの作品です。
ユトリロなんですが、ユトリロっぽくない、初めて見るタイプの作品で、かなりオススメです。
もう、会場一発目からステキな作品に出会い、テンションが上がりました。

その後も、ゾクゾクとわくわくする作品が続き、

image


image


image


1920年代から2000年代までの、様々な作家の描いた”風景”が、8つの章に分けられ展示されています。

image


その中の、第5章 意識の底の地 という、心象風景を描いた作品を展示したコーナーにあった、三尾公三さんの”Fiction Space2”という作品ですが、1977年に制作されたこの作品、この”浮遊しているような歪み”の表現は、パソコンではなく、すべて手で描かれたとの事で、その描写力の凄さを見て、なんでもパソコンに頼ってしまう今って、なんだかとっても退化しているように思いました。

image

第8章は、”思い出のニューヨーク州”と題された、グランマ・モーゼスの作品が14点展示され、会場は終わります。

様々な年代の作家が描いた数々の風景画。

また、この損保ジャパン日本興亜美術館は、ロビーから見える新宿の街の景色も、とてもステキですので、

image

↑ちなみに、これは私が撮った、美術館ロビーから見える夜景です。今の季節だと、夕方見終わった頃には、この夜景が見えるかしら?

リアル風景と共に、お楽しみください。

※会場内写真は、内覧会のため、美術館から特別に許可を得て撮影したものです。

風景との対話 コレクションが誘う場所

会期 12月25日(日)まで
開館時間 10:00〜18:00まで(入館は17:30まで)
休館日 月曜日
観覧料 一般600円 大学・高校生400円 中学生以下無料

会場 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階

拝啓 ルノワール先生 ー 梅原龍三郎に息づく師の教え@三菱一号館美術館

image


image


先日、三菱一号館美術館で開催中の「拝啓 ルノワール先生 ー 梅原龍三郎に息づく師の教え」ブロガー特別内覧会に参加しました。

まず、観賞前に、この展覧会の担当学芸員の安井裕雄氏と、青い日記帳主宰のTak氏による、ギャラリートークで、本展覧会の見どころなどを、たっぷりとお聞きしました。

image

image

安井学芸員による、会場のキャプションにあるマークの説明や、

image

三菱一号館美術館・高橋館長のお話。

image

そして、なんと!この展覧会では、2種類の表装の図録が販売されていることとか、

作品ももちろん素晴らしいのですが、このギャラリートーク、個人的にかなりハマってしまいました。

とにかく、安井学芸員のキャラクターと話術に引き込まれっぱなしで、すっかりファンになってしまいました〜。

その安井学芸員のレクチャーが、会期中の12/9(金)にあるとのことで、

image


日時 12/9 14:00〜15:30(受付開始13:30)
会場 コンファレンススクエアエムプラス「サクセス」
千代田区丸の内2-5-2 三菱ビル1F
定員 120名(事前申込み制・先着順)※定員に達し次第受付締切
参加費 無料
申込み方法 
一般の方
電話予約 03-5777-8600(ハローダイヤル)
受付時間 8:00〜22:00
受付締切 12/8(木) 15:00

平日の昼間なので、残念ながら私は行けませんが、お時間合う方は、是非是非。

…と、ギャラリートークの話が長くなってしまいましたが、展覧会も、もちろん、しっかり見てきましたよ〜。

最初、この展覧会のタイトルを見て、「??」って感じだったのですが、展示を見進めていくうちに、納得。

梅原龍三郎が、フランスに渡り、20以上も年の離れたルノワールと会い師と仰ぎ、学び、そして、どのように独自の作風を確立していったか。

この展覧会では、これまであまり公開されたことのない梅原龍三郎の作品や、巨匠・ルノワールと梅原龍三郎の2人の代表作”パリスの審判”を同時展覧、また、「蒐集家」としての梅原龍三郎が愛蔵した、ルノワールや、ピカソ、ルオーなどの作品も観賞でき、大変、充実した内容となっています。

日本の近代洋画の巨匠・梅原龍三郎が、巨匠となるために吸収したエッセンスを、どうぞご堪能ください。

※会場内画像は、内覧会のため、美術館の許可を得て特別に撮影しています。


拝啓 ルノワール先生 ー 梅原龍三郎に息づく師の教え

会期 2016年10月19日→2017年1月9日
開館時間 10:00〜18:00(祝日を除く金曜・第2水曜、1/4〜6は20:00まで)
休館日 月曜日(ただし、祝日の場合は開館)
    年末年始(2016.12.29→2017.1.1)

会場 三菱一号館美術館
東京都千代田区丸の内2-6-2

展覧会公式サイトはコチラ>>

「禅ー心をかたちにー」展&チームラボ新作発表@東京国立博物館

image


東京国立博物館で開催中の、特別展「禅ー心をかたちにー」展(後期)&関連企画チームラボ新作「円相 無限相」の、夜間特別内覧会に行ってきました。

まず、東京国立博物館 学芸研究部列品管理課長の救仁郷秀明宇治による、展覧会概要と後期展示の見どころについてのお話をお聞きし、

image


次に、チームラボ代表の猪子寿之さんのトークと、新作「円相 無限相」のお披露目。

image


image
image


そして、この新作「円相 無限相」をバックに、ポーズを決めて記念撮影をしてみました。

image


image


…お行儀悪くてすみません。

そして、チームラボの新作を楽しんだ後は、「禅展」会場へ。

image


image


image


image


国宝22件・重文102件と、さすが、禅の名宝が集結しているだけあって、どの作品も見応えは十分なのですが、その中でもイチオシなのは、伊藤若冲の「鷲図」と「旭日雄鶏図」。
この2つの作品は、後期展示から特別に出品された、非常に貴重な作品です。

この他にも、雪舟と白隠が描いた、2枚の「慧可断臀図」も、この後期に展示されており、チームラボの現代的な”禅”作品と合わせ、無になって楽しめる貴重な展覧会です。

お見逃しなく!

※画像は、内覧会のため、主催者より特別に許可を得て撮影しています。

禅ー心をかたちにー

会期 2016年11月27日(日)まで
開館時間 9:30〜17:00(金曜日は20:00まで。入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日
会場 東京国立博物館平成館
東京都台東区上野公園13-9

展覧会公式サイトはコチラ>>
次回展示情報
☆展示情報☆

佐々木竹翠個展
「ものがたり」
2017/5/11〜5/31
5/20 19:00〜
ライブイベント
旧橋壮(sax)
酒井エル(dance)
佐々木竹翠(live painting)

梅の木十条店
東京都北区上十条2-24-10 2F

※詳細は決まり次第お知らせします。


Affordable Art Fair in LONDON
2017/5/11〜5/14

アクセスカウンター
  • 累計:

ランキングエントリー中
ポチッとクリックお願いします! にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ にほんブログ村 美術ブログ 筆文字・アート書道へ
人気ブログランキングへ
Contact

名前
メール
本文
facebook
Follow Me!
Instagram/Chikusui
Instagram
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ