今日、懇意にしている画廊の奥様といろいろお話。

ホント、この奥様のお話はズバリとくる。

自分の愚かな面も再確認でき、まあ、少々キツイことも言われたけど。

ここのところ、迷いが多かったから目が覚めた。

たまたまいらしてた80を少し過ぎた女性にも、短いながらも的確なことを言って頂き、人間、だてに長くは生きていないんだな〜と思う。

いやでも、多分これは私がどんな状況も乗り越え、真面目に生きてきたからだろう・・・

若いころ、散々年上に気を使って苦労してきてるから、今こうやって、ありがたい年長者に出会えるんだと思う。


結局ね・・・人間関係って自分の鏡。


ズルイ生き方をしてきた人のまわりには、ズルイ人間しか残らないし。

そう、ここのところズルイ人間に振り回されてきたから。

でも、それに気付かされたということは、私がズルイ生き方をしてこなかった・・・ってことで。


ピンチになると、諭してくれる人が周りにいるということは、幸せなことなんだと思う。


そんなんで、そういうズルイ人間とはすっぱり切って、真面目な人とだけ付き合おう。

と、気持ちが切り替わった。




そう、これだけは言わせてもらうけど・・・

人にしたことは全部自分に返ってくる。

これはもう、こういう人を私は何人も見ているから。

何事にも誠実に取り組んで人を裏切らない人のところには、自然と人も集まってくるし。

そうでない人のところには、どんなに泣こうがわめこうが、自然と人は去っていくのだ。



そんなこんなで話が長引き、行く予定だった映画に間に合わず。

でもそんなことよりも、今日は遥かに大きな収穫があったと思う。





ちょっと人間不信になりかけていたから・・・奥様たち、ありがとう。