image

ごぶさたいたしております・・・11月ももう終わりですね。1カ月なんてあっという間、そして、1年なんてあっという間。

はい諸事情でしばらく更新滞っておりました。すみません。

ホント、最近「更新怠けてすみません」ばかりですね・・・いけませんね。ダメですね。

・・・と、言い分けの前置きが長くなりましたが、先日、青い日記帳×プラド美術館 ブロガー特別内覧会に参加してきました。

image

三菱一号館美術館の館長さんのお話、そして、この展覧会の担当学芸員の安井裕雄さんと、青い日記帳主宰のTakさんのギャラリーツアーを聞き、そのあと、観賞へ。

image

image

はい。こうやって会場風景をざっと見てお気づきになられたかと思いますが、この展覧会、比較的小さい作品が多いのです。

丁度、自分の部屋に飾って、じっくりと観賞するのにいい感じのサイズの作品。

で、こういう小さめの作品は、ひとつひとつの作品の細部に渡り、至近距離でしっかり見てしまいますね。

そう、小さい作品って、案外手が抜けないのだそうです。だって、こうやって、近くでじっくり見られてしまうから。
もちろん、大きい作品には大きい作品の難しさがありますので、どちらが大変とか凄いとか言えませんが、この展覧会では、小さい作品も大きい作品も展示されていますので、その美しさの違いを見比べてみるのも、また楽しいかと思います。

個人的には、会場第3章「バロック:初期と最盛期」に展示されている、ジャック・リナールの”ヴァニタス”が良かったですね。

image

この画像の真ん中にある作品ですが。
もう、背筋がゾクッとするほど、リアルでした。 

そう、この「バロック」は、この展覧会の要素がギュッと詰まった、一番見どころの部屋です。

作品数も比較的多く、また、一点一点じっくりと見入ってしまう展覧会ですので、時間に余裕を持って見るのがおススメです。

私も、もう一度行きたいです。

※画像は内覧会のため、主催者から特別に許可を得て撮影しています。



プラド美術館展 - スペイン宮廷 美への情熱

会期 2016年1月31日(日)まで
開館時間 10:00〜18:00(金曜日・会期最終週平日は20:00まで)※入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日(ただし、12月28日・1月25日は開館)年末年始(12月31日・1月1日)
会場 三菱一号館美術館
         
東京都千代田区丸の内2-6-2

展覧会公式サイト>>