image


横浜美術館で開催中の、「ファッションとアート 麗しき東西交流」展の、特別内覧会に参加してきました。

この展覧会、とにかく、女性はワクワクです。

image


image


image


会場の入口を入ってすぐから、もう、ご覧のようなゴージャスさ。

そして、もうこの展覧会で一番豪華な展示と言っても過言でない、

image


image


image


image


明治天皇と昭憲皇太后の肖像画と共に展示された、昭憲皇太后着用大礼服(マントー・ド・クール)。
その刺繍の繊細さとゴージャスと上品さには、
もう、時間が経つのも忘れ、見入ってしまいます。

また、”着物”を感じさせるドレスの数々も、

image


image


image


image


image


image


コルセットでウエストをぎゅっと絞ったドレスから、着物をイメージしたゆったりとしたデザインのドレスへの変化は、日本人的に言うと「帯をほどいた時の解放感」なのかもしれません。

そして、これだけ優雅なドレスが揃うと、女ならやっぱり思ってしまうのが、”自分が着てみたいドレス”であって…

私は、この2着を選んじゃいました。

image


image


香水瓶とコーディネートされた、硝子細工のように美しいドレスと、

image


image


赤と黒の色彩が艶やかで、脇の黒いリボンに、女性らしい可愛らしさをさり気なくアピールしたこのドレス。

2着とも、私にとても似合うと思う。

なんて図々しい!とか突っ込みいれないで。
女だけでなく、男性だって、彼女や奥さんが着たら似合いそうだな〜、とか思ってしまうドレスが絶対ありますよ。

もうホント、会場を出る頃には、自分がお気に入りのドレスを着て、横浜の街を歩いている感覚になりますから。

もちろん、洋服だけでなく、

image


浮世絵あり、

image


写真あり、

image


image


装飾品あり、

image


着物ありと、東西のファッションにまつわる歴史を知ることができます。

私も、洋服や着物は大好きなので、これまでも、ファッションをテーマにした展示は数多く見てきましたが、今回のこの展覧会ほど、内容の濃い展示は見たことがありません。

横浜美術館では、ファッションに焦点を絞って展示をするのは今回が初めてということですが、ドレスは、そのドレスにあったマネキン一体一体に着付けられてあったり、その時代の室内を表した空間を再現してあったりと、細部に渡り半端ないこだわりが感じられ、だから、これまで見たことがない充実さを感じたのだと、納得しました。

現代では、あまりに日常になりすぎて感じることができない「アートとしてのファッション」を、ぜひ、ご堪能下さい。

※会場内画像は、内覧会のため、主催者から特別に許可を得て撮影しています。


ファッションとアート 麗しき東西交流

会期 2017年6月25日(日)まで
開館時間 10:00〜18:00 ※5/17は20:30まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日 木曜日(ただし、5/4は開館)、5/8(月)

会場 横浜美術館
横浜市西区みなとみらい3-4-1