またもや久しぶりの更新になってしまいまして、申し訳ございませんm(__)m
ご無沙汰している間に、季節はすっかり冬になってしまいました。

さて、先日、三菱一号館美術館で開催中の「パリ♥グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展」のブロガー内覧会に参加してきました。

DSC_0663

まず、野口玲一氏(三菱一号館美術館学芸員)と、「青い日記帳」主宰の中村剛士氏のギャラリートークで、この展覧会の見所をたっぷりとお聞きし、

DSC_0672

そう、この画像を見てお気づきになられたと思いますが、この展覧会、会場もかなり工夫されています。

DSC_0675

このギャラリートークが行われた会場は、街をイメージした”ストリートの部屋”。みんなが楽しめる、分かりやすい版画が展示されています。

次にあるのは”エリートの部屋”。こちらは、芸術的半額表現、つまり、コレクター向けの作品展示されていて、

DSC_0676

ロートレックが使った石版なども展示されています。

また、私が一番グッときたのは、こちらの作品。

DSC_0684

浮世絵。
これらは、ゴッホ美術館所蔵の浮世絵で、渓齋英泉・歌川国芳・歌川国貞・歌川広重、そして、月岡芳年と、嬉しくなる展示です。

もちろん、ロートレックの作品も、ワクワクしてしまう作品ばかりで、

DSC_0667

DSC_0668

この他、ヴァロットンやドニやボナールなど、三菱一号館美術館、そして、オランダのファン・ゴッホ美術館所蔵の、貴重な19世紀末の版画コレクションから、リトグラフやポスターなどを中心に、油彩や挿し絵本等を加えた約140点の作品が展示されています。

また、この展覧会は、オリジナル・グッズも豊富で、

DSC_0664

DSC_0665

どれも欲しくなってしまうグッズばかりなのですが、その中でも特にステキだったこちらのトートバッグを、買ってしまいました…

DSC_0740


DSC_0739

どちらが表でも裏でもいいのですが、これはロートレックのこの作品、

DSC_0683

私が大好きな作品「悦楽の女王」のトートバッグです。
このバッグ、丈夫な作りでかなりな大きさで、ちょっとお買い物をしすぎちゃっても大丈夫。
また、バッグと同じ柄のポーチもあって、こちらも買ってしまいました…

DSC_0741

このポーチ、丁度iPad miniが入る大きさで、

DSC_0742

バッグと一緒に活躍しそうです。

もちろん、バッグもポーチも、他のロートレックのポスター作品がデザインされた物がありますので、どうぞお気に入りをゲットしてみてください。

あと、ワインもゲットしたのですが、これは友だちにプレゼントしちゃいましたので、画像はナシです。

そう、クリスマスプレゼントにも、ピッタリなグッズが多いです。
展示と合わせて、超オススメです!

※会場内画像は、内覧会のため、主催者から特別に許可を得て撮影しています。

パリ♥グラフィック ロートレックとアートについてなった版画・ポスター展

会期 2018年1月8日まで
開館時間 10:00〜18:00(祝日を除く金曜日、1/4・1/5は21:00まで)
休館日 月曜日(ただし、1/8と12/25は開館)
年末年始休館 2017年12月29日〜2018年1月1日)
会場 三菱一号館美術館
   東京都千代田区丸の内2-6-2

展覧会公式サイト http://mimt.jp/parigura