先日、損保ジャパン日本興亜美術館で開催中の「日本・デンマーク国交樹立150周年記念 デンマークのデザイン展」のブロガー内覧会に行ってきました。

DSC_0734

まず、デンマーク大使館 公使参事官のマーティン・ミケルセン氏のご挨拶。

その後、損保ジャパン日本興亜美術館の主任学芸員の江川均氏のギャラリートークで、この展覧会の見所と作品解説を聞きました。

DSC_0713

DSC_0718

DSC_0717

デンマークといえば、私はすぐにLEGOが思い浮かぶのですが…

DSC_0722

この展覧会では、LEGOはもちろんの事、デンマークのデザインの魅力がたっぷりと紹介されています。

中でも、特に魅力的なのが、椅子のデザイン。

DSC_0701

DSC_0703

DSC_0704

DSC_0708

DSC_0716


DSC_0719

DSC_0724

色使いも素敵なのですが、形がとにかく洗練されていて美しい。

日本では、どうも椅子というと、ただ「座る」ことのみに重点が置かれているような気がしますが、デンマークの椅子は、「座る」ことを考えられたアートのようです。
また、美しさだけでなく、機能的にも優れていて、やはり、”座布団で正座の文化”の日本と、”椅子に座る文化”のデンマークとの、生活様式の違いが、これらデザインや機能に現れてるんだな…と思いました。

また、食器では、

DSC_0711

DSC_0714

DSC_0715

DSC_0723

こちらは、繊細で空間を大切にしたデザインが多く、このあたりは、日本の感性と通じるものを感じました。

そして、私が最も気になったのがコチラ。

DSC_0720

ヤコブ・イェンスン氏(1926-2015)デザインのレコード・プレーヤー。
カッコいいです。欲しいです。このプレーヤーから溢れる音楽はどんな音で聞こえるんだろう?と、見ているだけでもいろんな空想が頭を巡ります。

DSC_0705

明かりも、眩しいくらいの煌々とした光でなく、やんわりと灯すタイプのものが多いとのことで、とても、神経が休まりそうですね。

もちろん、このような原色の食器や椅子のデザインもありますが、

DSC_0709

DSC_0721

DSC_0710

どれも、派手派手しさがなく、どことなく穏やかで柔らかさがあるのは、やはり、デザインの美しさなんですね。

展覧会会場の最後には、実際に数種類の椅子に座れるコーナーもあり、私も座ってみましたが、ホント、どの椅子も座り心地がよく、ついつい、長居してしまいそうになりました…

この展覧会で、デンマークの家具や食器、照明器具などを見て、デザインというのは、その国の生活と調和しているのだな…と、なんだか、デンマークが「世界で最も幸福な国」と言われているのが、分かった気がします。

会期終了まであと少しですが、ぜひ、会場で、デンマーク・デザインの魅力に触れてみてください。

※会場内画像は、内覧会のため、主催者から特別に許可を得て撮影しています。


日本・デンマーク国交樹立150周年記念 デンマーク・デザイン展

会期 2017年12月27日まで
開館時間 10:00〜18:00(金曜日は19:00まで。入館は閉館30分前まで)
休館日 月曜日(ただし、12/25は開館)
会場 損保ジャパン日本興亜美術館
   東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興 亜本社ビル 42F
             http://www.sjnk-museum.org/