DSC_0867

超久しぶりの更新になってしまいました…崩していた体調は良くなりましたが、たまっていた諸々を片付けているうちに、またまた更新が遅くなってしまいました。すみません…

季節も、もうGWになりますね。つい先日まで「寒い寒い」と言っていたのに、先週末など夏のような陽気。こうやって気候が暖かくなってくると、どこかにお出かけしたくなるのは、私だけではないハズ。
そこで、今日から連発で、この時季お勧めの展覧会をご紹介したいと思います。

まず、三菱一号館美術館で開催中の「ルドンー秘密の花園」展。
実は私、この展覧会の内覧会に参加していたのですが、告知がすっかり遅くなってしまいました(^。^;)

DSC_0875
DSC_0876

↑内覧会では、三菱一号館美術館館長の高橋氏、この展覧会の担当者学芸員の安井氏、そして、青い日記帳主宰のTak氏のギャラリートークで、この展覧会の見所などをお聞きしました。

ルドンと言えば、真っ先に思い浮かぶのが「グラン・ブーケ」ですが、この展覧会では、その「グラン・ブーケ」を含む約90点の作品が展示されています。また、それらの作品の大半は、オルセー美術館・ボルドー美術館・プティ=パレ美術館・ニューヨーク近代美術館・シカゴ美術館などの、海外のメジャーな美術館の所蔵作品で構成されているという、大変ゴージャスな展覧会です。

全体を見ての感想として…とにかく、幻想的で不思議な世界です。見終わる頃にはどこか、迷宮の中にでも引きずり込まれたような、独特の世界です。

また、この三菱一号館美術館さんのミュージアム・ショップは、素敵なグッズが多くて行く度いつもなにかしらゲットしてしまうのですが、今回も魅力的な品が揃ってました。

DSC_0869
DSC_0870
DSC_0871

私は今回、シードルとアートなチョコを、友達へのプレゼントとして購入。美術好きの友達でしたので、とても喜んでくれました。

そう、館内にあるCafe 1894では、会期中、この展覧会にちなんだランチやデザートメニューもあるとの事で、ルドンの幻想的な作品をじっくりと観賞した後は、ミュージアム・ショップでお買い物を楽しんで、カフェで余韻に浸るという、贅沢な時間が過ごせそうです。

※会場内画像は、内覧会のため、主催者から特別に許可を得て撮影しています。

ルドンー秘密の花園

会期 2018年2月8日〜5月20日
開館時間 10:00〜18:00(祝日を除く金曜、第2水曜、会期最終週平日は21:00まで)入館は閉館の30分前まで。
休館日 月曜日(ただし、祝日の場合と5/14は開館)
会場 三菱一号館美術館
   東京都千代田区丸の内2-6-2

展覧会公式サイト http://mimt.jp/redon