静嘉堂文庫美術館で開催中の「日本刀の華  備前刀」の、ブロガー内覧会に行ってきました。

DSC_0158


DSC_0143
↑日本刀剣保存会 幹事 吉川永一氏・静嘉堂文庫美術館 学芸員 山田正樹氏・青い日記帳主宰・Tak氏によるトークショーの後、

DSC_0151~2
↑山田学芸員によるギャラリートークを聞きながら、

DSC_0146

DSC_0148

DSC_0149

DSC_0154
↑日本刀を観賞。

日本刀と聞くと、"時代劇で振り回される刀"ってイメージしか湧かなかった私ですが、じっくり見ると、ひとつひとつに表情があるのですね。
刃先の光が神秘的で、じっと見ていると、なんだか緊張して背筋がピンとしてきました。

重要文化財4振、重要美術品11振を含む名作30振が展示されているこの展覧会では、刀の観賞とともに、講演会や職方実演会など、会期中様々なイベントも開催されます。

特に4/27〜5/6の平成から令和に繋がるGW期間中、美術館前庭で開催される「静嘉堂ガーデン」は、二子玉川のクラフトビールやスイーツが味わえるイベントという事で、こちらも楽しみですね。

各イベントの詳細は、美術館公式サイトでご確認下さい。

※会場内画像は、内覧会のため、主催者から特別に許可を得て撮影しています。


日本刀の華  備前刀

会期  平成31年4月13日(土)〜令和元年6月2日(日)
時間  10:00〜16:30(入館は16:00まで)
休館日  月曜日(但し、4/29,5/6は開館) 5/7(火)
入館料  一般1,000円 大高生700円 中学生以下無料
会場  静嘉堂文庫美術館
          東京都世田谷区岡本2-23-1

美術館公式サイト http://www.seikado.or.jp