IMG_20191102_170059_324

静嘉堂文庫美術館で開催中の「名物裂と古渡り更紗」展、内覧会に行ってきました。

展覧会タイトルだけを見ると「何の展覧会?」と思われるかもしれませんが(私も思いました)、静嘉堂文庫美術館では初めてとなる、染織の展覧会です。

お茶の道具を包む布や、絵画・墨蹟を飾る布など、美しいデザインや色彩の織物の展示は、特殊なテーマでありながら、非常に親しみやすくて、会場の雰囲気はざっとこのような感じです。

DSC_0565

DSC_0562

DSC_0563

DSC_0564

DSC_0566

…画像では相変わらず、そのデザインや繊細さなど、細かいことは伝わりませんので、ぜひ、会場で、一つ一つをじっくりとご覧下さい。

DSC_0561

DSC_0560
↑ちなみに、大きめに展示されている作品の、赤い更紗は、広げると16mあるそうです。

そう、観賞後のミュージアムショップでのお買い物も楽しみのひとつですが、静嘉堂文庫美術館さんのショップも、魅力的なグッズが揃っています。

DSC_0569

こちらもぜひお立ち寄りください。

※会場内画像は、内覧会のため、美術館から特別に許可を得て撮影しています。

名物裂と古渡り更紗

会期  2019年11月2日(土)〜12月15日(日)
開館時間  10:00〜16:30(入館は16:00まで)
休館日  毎週月曜日
入館料  一般1,000円/大高生700円/障害者手帳をお持ちの方および同伴者1名700円/中学生以下無料
会場  静嘉堂文庫美術館
          東京都世田谷区岡本2-23-1
美術館ホームページ http://www.seikado.or.jp