DSC_0646~2

鬼の撹乱というか、風邪でしばらく立ち直れませんでした…インフルエンザでなかったのが幸いですが、年をとってからの発熱は後々響きますね。みなさんも気をつけてください。

さて、風邪で寝込む前に、泉屋博古館分館で開催中の「金文 - 中国人古代の文字 -」ブロガー内覧会に行ってきました。

金文とは、今、私たちが目にし使っている"漢字"のルーツで、青銅器の文化が栄えた時代に誕生した文字ですが、紙に書かれたものではなく、

DSC_0585

DSC_0584

DSC_0586

DSC_0589

このように、青銅器に記されております。

え?よく見えない?

では、レプリカの画像でもう少し詳しく、

DSC_0644~2

と言っても、こちらも文字の部分は、なかなかきれいには写りませんね。

それだけ繊細で細かい文字です。

会場には拓本も展示してありますので、

DSC_0583

ぜひ、リアルでご覧下さい。

そう、会場で展示作品以外でオススメなのは、

DSC_0642

金文臨書コーナー。

私も早速体験してみました。

DSC_0590

DSC_0594

DSC_0603

DSC_0621

DSC_0637
↑連写ナルシストですみません。。。

このほかにも、臨書してみましたが、

DSC_0643

絵画的で、書いてて楽しかったです。

これはぜひぜひ、体験してみてください。

それと、もうひとつのオススメは、

DSC_0659~3

こちらの図録。

今回の展示作品の他、金文について大変わかりやすく解説されています。そう、お値段もこれだけの濃い内容で、なんと1,500円!
これは絶対"買い"ですっ!

また、会期中はさまざまなイベントも開催されますので、詳細は美術館ホームページでご確認下さい。

で、会場の泉屋博古館分館、今回のこの展覧会終了後の2020年1月から、改修工事のため約2年間、休館とのことで、しばらく寂しいな…

※会場内画像は、内覧会のため、美術館から特別に許可を得て撮影しています。

金文 - 中国古代の文字 -

会期  2019年11月9日(土)〜12月20日(金)
開館時間  10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日  月曜日
入館料  一般800円 高大生600円 中学生以下無料
会場  泉屋博古館分館
          東京都港区六本木1-5-1