書家・佐々木竹翠〜いちごいちえ〜

東京で、かな書(ひらがな)をメインに、デザイン書や漢字の書を制作・発表している書家、佐々木竹翠のWeb Siteです。

藝術-Art-

ご訪問、ありがとうございます。

金文 - 中国古代の文字 - @泉屋博古館分館

DSC_0646~2

鬼の撹乱というか、風邪でしばらく立ち直れませんでした…インフルエンザでなかったのが幸いですが、年をとってからの発熱は後々響きますね。みなさんも気をつけてください。

さて、風邪で寝込む前に、泉屋博古館分館で開催中の「金文 - 中国人古代の文字 -」ブロガー内覧会に行ってきました。

金文とは、今、私たちが目にし使っている"漢字"のルーツで、青銅器の文化が栄えた時代に誕生した文字ですが、紙に書かれたものではなく、

DSC_0585

DSC_0584

DSC_0586

DSC_0589

このように、青銅器に記されております。

え?よく見えない?

では、レプリカの画像でもう少し詳しく、

DSC_0644~2

と言っても、こちらも文字の部分は、なかなかきれいには写りませんね。

それだけ繊細で細かい文字です。

会場には拓本も展示してありますので、

DSC_0583

ぜひ、リアルでご覧下さい。

そう、会場で展示作品以外でオススメなのは、

DSC_0642

金文臨書コーナー。

私も早速体験してみました。

DSC_0590

DSC_0594

DSC_0603

DSC_0621

DSC_0637
↑連写ナルシストですみません。。。

このほかにも、臨書してみましたが、

DSC_0643

絵画的で、書いてて楽しかったです。

これはぜひぜひ、体験してみてください。

それと、もうひとつのオススメは、

DSC_0659~3

こちらの図録。

今回の展示作品の他、金文について大変わかりやすく解説されています。そう、お値段もこれだけの濃い内容で、なんと1,500円!
これは絶対"買い"ですっ!

また、会期中はさまざまなイベントも開催されますので、詳細は美術館ホームページでご確認下さい。

で、会場の泉屋博古館分館、今回のこの展覧会終了後の2020年1月から、改修工事のため約2年間、休館とのことで、しばらく寂しいな…

※会場内画像は、内覧会のため、美術館から特別に許可を得て撮影しています。

金文 - 中国古代の文字 -

会期  2019年11月9日(土)〜12月20日(金)
開館時間  10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日  月曜日
入館料  一般800円 高大生600円 中学生以下無料
会場  泉屋博古館分館
          東京都港区六本木1-5-1








名物裂と古渡り更紗@静嘉堂文庫美術館

IMG_20191102_170059_324

静嘉堂文庫美術館で開催中の「名物裂と古渡り更紗」展、内覧会に行ってきました。

展覧会タイトルだけを見ると「何の展覧会?」と思われるかもしれませんが(私も思いました)、静嘉堂文庫美術館では初めてとなる、染織の展覧会です。

お茶の道具を包む布や、絵画・墨蹟を飾る布など、美しいデザインや色彩の織物の展示は、特殊なテーマでありながら、非常に親しみやすくて、会場の雰囲気はざっとこのような感じです。

DSC_0565

DSC_0562

DSC_0563

DSC_0564

DSC_0566

…画像では相変わらず、そのデザインや繊細さなど、細かいことは伝わりませんので、ぜひ、会場で、一つ一つをじっくりとご覧下さい。

DSC_0561

DSC_0560
↑ちなみに、大きめに展示されている作品の、赤い更紗は、広げると16mあるそうです。

そう、観賞後のミュージアムショップでのお買い物も楽しみのひとつですが、静嘉堂文庫美術館さんのショップも、魅力的なグッズが揃っています。

DSC_0569

こちらもぜひお立ち寄りください。

※会場内画像は、内覧会のため、美術館から特別に許可を得て撮影しています。

名物裂と古渡り更紗

会期  2019年11月2日(土)〜12月15日(日)
開館時間  10:00〜16:30(入館は16:00まで)
休館日  毎週月曜日
入館料  一般1,000円/大高生700円/障害者手帳をお持ちの方および同伴者1名700円/中学生以下無料
会場  静嘉堂文庫美術館
          東京都世田谷区岡本2-23-1
美術館ホームページ http://www.seikado.or.jp

士 サムライ −天下太平を支えた人びと−@江戸東京博物館

DSC_0528

江戸東京博物館で開催中の「士 サムライ −天下太平を支えた人びと−」のSNSユーザー特別内覧会に行ってきました。

DSC_0513~2
↑担当学芸員さんのギャラリートークを聞きながら、作品を観賞。

DSC_0515

DSC_0525

DSC_0526

DSC_0527
画質が悪い画像で申し訳ないありませんが、サムライといえば「刀」から、その日常を描いた絵巻物に、和装した西洋の男女の絵画、そして、辞令や書簡など、実に多様な作品が展示されています。

そして、私のイチオシ作品は…

DSC_0521
↑こちらの作品。

一番手前に見える、三本の毛抜き。
いや、これ、とても大きいのです。ポーチに収まる大きさでは勿論なく…。
一番大きい毛抜きなど、使うのにかなりな力が必要な気がしますが。
画像だといまいち分かりづらいので、ぜひ、会場でご覧下さい。

また、ショップには様々な「サムライ・グッズ」もあり、観賞後のお買い物も楽しめます。
この「大きな毛抜き」は、残念ながらありませんでしたが…

※会場内画像は、内覧会のため、主催者から特別に許可を得て撮影しています。

士 サムライ  −天下太平を支えた人びと−

会期  2019年9月14日〜11月4日
開館時間  9:30〜17:30(土曜日は19:30まで)
                  入館は閉館30分前まで
休館日  月曜日
会場  江戸東京博物館 1階特別展示室
          墨田区横網1-4-1

文化財よ、永遠に @泉屋博古館分館

DSC_0493

先日、泉屋博古館分館で開催中の「文化財よ、永遠に」展のブロガー内覧会に行ってきました。

全国4会場(泉屋博古館分館の他、京都 泉屋博古館・東京 東京国立博物館・福岡 九州国立博物館)で同時期に開催されるこの展覧会、泉屋博古館分館では、近年、伝統技術と最新科学によって修復された絵画や工芸品など、約50点が展示されています。

DSC_0492

DSC_0491

DSC_0490
↑会場の雰囲気はざっとですが、こんな感じです。

かなりな年数が経っている絵画や工芸品を見ることはあっても、それら作品がどのように修復されているかということは、恥ずかしながら今まで考えてもいませんでしたが、ひとつの作品を甦らせるために、どれだけの人の力と時間が費やされているか、文化を後世へ伝えることの大切さを、じっくりと感じ、観賞できる展覧会でした。

会期中は、ギャラリートークやロビーコンサートなどの、展覧会に合わせたイベントも開催されますので、詳細は公式ホームページをご覧下さい。

※会場内画像は、内覧会のため、主催者から特別に許可を得て撮影しています。



住友財団修復助成30年記念
文化財よ、永遠に

会期  2019年9月10日〜10月27日
開館時間  10:00〜17:00(入館は16:30まで)※10/11(金)のみ10:00〜18:00(入館は17:30まで)
休館日  月曜日(ただし10/14は開館、10/15は休館)
入館料  一般600円 大高生400円 中学生以下無料 
会場  泉屋博古館分館
          東京都港区六本木1-5-1
          http://www.sen-oku.or.jp






入門 墨の美術 −古写経・古筆・水墨画−

DSC_0482

先日、静嘉堂文庫美術館で開催中の「入門 墨の美術−古写経・古筆・水墨画−」展、ブロガー内覧会に行ってきました。

「墨」の作品ばかりが展示されているこの展覧会。
そう、「墨」というと、なんとなく地味で渋いイメージですが、全ての作品を見終えると、その奥深さと優雅さに気付いてしまいます。

DSC_0473
↑担当学芸員さんのギャラリートークを聞きながら、作品を観賞。


DSC_0480
↑入口入ってすぐの展示室では、ユニークなイラストがお出迎え。


DSC_0468
↑古写経の展示。
一文字一文字から、凛とした心地よい緊張感が伝わってきます。


DSC_0477

DSC_0479
↑水墨画では、墨の濃淡の巧みな技に感動。これ、ホントに凄い。


そして、古筆は、

DSC_0469
↑右・古今和歌集 高野切
    左・和漢朗詠抄 大田切【国宝】

DSC_0470
↑寸松庵色紙

と、一応書道を嗜んだ自分としては、食いつきたくなるような名筆が展示されています。


が、古写経・水墨画・古筆のどの作品も、画像ではやはり、その素晴らしさが全く伝わりませんので(私のカメラのせいではありません)、もう、これは迷わず会場でご覧下さい。

また、美術館ラウンジには、

DSC_0481
石印材が展示されていて、こちらも、大変貴重な作品ばかり。必見です。

会期中は、講演会やフルートの四重奏コンサートなどのイベントもあり、こちらは美術館ホームページでご確認下さい。

最後に、このような「墨」の作品ばかりの展覧会、これからもどんどん開催され、その美しさ・面白さが広まればいいな。。。と、心ひそかに思うのでありました。

※会場内画像は、内覧会のため、美術館から特別に許可を得て撮影しています。

入門 墨の美術−古写経・古筆・水墨画−

会期  2019年8月31日(土)〜10月14日(月・宿)
開館時間  10:00〜16:30(入館は16:00まで)
休館日  毎週月曜日(ただし、9/16,9/23,10/14は開館) 9/17(火)、9/24(火)
入館料  一般1,000円 
              大学生及び障害者手帳をお持ちの方(同伴者1名を含む)700円 
              中学生以下無料
会場  静嘉堂文庫美術館
          世田谷区岡本2-23-1
美術館ホームページ http://www.seikado.or.jp/








次回展示情報
☆展示情報☆

〇常設展示〇

あーとカフェ笹峯ぎゃらり

東京都渋谷区幡ヶ谷1-32-15
10:00〜18:00
日曜・祝日休み

常設ですので、イベントや他の作家さんの発表の時は展示されていませんので、ご了承ください。
スケジュールは、ギャラリーさんのホームページでご確認ください。
http://sasamine.handmade.jp

アクセスカウンター
  • 累計:

ランキングエントリー中
ポチッとクリックお願いします! にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ にほんブログ村 美術ブログ 筆文字・アート書道へ
人気ブログランキングへ
Contact

名前
メール
本文
facebook
twitter Follow Me!
https://twitter.com/chikusui
Instagram/Chikusui
Instagram
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ