書家・佐々木竹翠〜いちごいちえ〜

東京で、かな書(ひらがな)をメインに、デザイン書や漢字の書を制作・発表している書家、佐々木竹翠のWeb Siteです。

藝術-Art-

ご訪問、ありがとうございます。

平成

DSC_0325~2

私が歩んだ「平成」という時代を書いてみた。

バブル崩壊からの、失われた何十年とか。

私は、昭和から平成になった時は、まだ学生。
履歴書を元号で書くと、昭和◯◯年入学、平成◯◯年卒業、となるから、すごく長く在籍してたように感じた当時。

まあ、学生さんが立派なおばさんになったのだから、31年という月日は確実に長い。

次の時代、自分が30年生きれるか分からないけど、3時代生きることは確実。その中でも、多分、私にとって一番リアリティーのある時代になるんじゃないかな…平成は。

加藤アケミ個展 THAT'S MY STYLE

DSC_0256~2IMG_20181215_164219~2

サイト青山で開催中の、イラストレーター・加藤アケミさんの個展【THAT'S MY STYLE】を見てきました!

DSC_0252

DSC_0253

DSC_0254

DSC_0255

青山通りからちょっと入った所にある、隠れ家的ギャラリーの扉を開けると、POPでキュートな世界が一面に広がっていて、思わず「可愛い❤️」と叫んでしまいます。

DSC_0256~3

この可愛い❤️女の子のキャラクターは、girlちゃんっていうんだ…マガジンがあったので、貰ってきちゃった。

会期は今日12/16までですが、お時間あるかたはぜひ!

加藤アケミ個展 THAT'S MY STYLE

サイト青山 
港区南青山2-7-9(http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/718892/598041/79547418) にて、2018.12.16(日) 11:30〜17:30まで開催中。

加藤以上さんサイト

カール・ラーション展@損保ジャパン日本興亜美術館

DSC_0246

損保ジャパン日本興亜美術館で開催中の「カール・ラーション展」に行ってきました。

最近、私が密かに憧れているスウェーデン。そのスウェーデンの国民的人気画家、カール・ラーション。
その作品はとても温かく、ゆったりとしていて、とにかく、色彩が素敵。
奥様のテキスタイルの作品も展示されていて、ご夫婦揃って、素敵な作品を制作されてたんですね。

会場内には、夫妻の住まいである「リッラ・ヒュットネース」のに居間をイメージしたフォト・スポットコーナーもありましたが、こちら、うっかり撮影してくるのを忘れてしまいました。。。

絵画のほか、夫妻がデザインした家具や、奥様手作りのクッションなども展示されていて、ひとつひとつが本当に丁寧に作られており、"生活"ということを、とても大切にされていたんだなぁ…と感じました。

人間にとって「理想の暮らし」とは何であるか、絵画やテキスタルのデザインを通して、じっくりと考えさせられる展覧会でした。

カール・ラーション  ースウェーデンの暮らしを芸術に変えた画家-

会期 12/24(月・祝)まで
会館時間 10:00〜18:00(ただし12/18〜23は19:00まで) ※入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日(12/24は開館)
観覧料 一般1,300円、大学前・高校生900円、65歳以上1,100円、中学生以下無料券
会場 損保ジャパン日本興亜美術館
         新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42F

神々のやどる器 展@泉屋博古館分館

DSC_1284

DSC_1270

先日、泉屋博古館分館で開催中の【神々のやどる器 中国青銅器の文様】展の、ブロガー内覧会に行ってきました。

青銅器と聞くと、なんだか堅苦しく感じてしまうのは私だけではないと思いますが、実はとても意味深でユニークなデザインが多いのだと、この展覧会を見てそれを知ることができました。

DSC_1281
DSC_1277
DSC_1282
展示作品の中でも、特に私が気に入ったのが、上の画像の作品。こちらの作品、画像は3枚ですがひとつの作品で、正面・横・後から見た姿になります。
ひとつの作品が、見る角度によってこんなにも表情が違ってくるのですから、奥深い。それもそのはず、この作品の所々に、様々な動物が隠されているのですから。

DSC_1280
作品横の壁面には、各角度から見た作品を大きく引き伸ばした写真が展示してありますので、どこに何が隠されているのか…実物と合わせて探してみてください。
これ、かなりハマります(笑)

DSC_1285
また、青銅器の鐘のレプリカも展示されていて、これは鳴らしてみることができます。
叩く場所によって音が違ってくるのが実に楽しく、ついつい童心に帰ってしまいそう。。。

青銅鏡でも、そのデザインの魅力は満載で、
DSC_1286

DSC_1287

DSC_1289
こちらも、鏡ひとつひとつに描かれている生き物たちが、結構可愛いかったり面白かったりで、ただ、画像だと全くもって、その魅力は伝わりません(私の写真の腕が悪いわけではありません)。
なので、ぜひ会場でじっくりと、ひとつひとつの鏡に描かれた文様をお楽しみください。

また、会期中はトークショーやワークショップなどのイベントも企画されているので、展覧会と合わせて楽しめそうです。こちらの詳細は美術館ホームページでご確認ください。

私もまた、鐘を鳴らしに行きたいです…。

※会場内画像は、内覧会のため、美術館より特別に許可を得て撮影しています。

神々のやどる器 -中国青銅器の文様-展

会期 2018年11月17日→12月24日
開館時間 10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(12/24は開館)
入館料 一般800円 高大生600円 中学生以下無料
会場 泉屋博古館分館
         東京都港区六本木1-5-1

個展終了しました。

DSC_1266 DSC_1212
DSC_1211 DSC_1210
DSC_1209 DSC_1208

10/25から、十条の自家焙煎珈琲 梅の木十条店さんで開催してました佐々木竹翠 書展「昼休みのOL」、昨日、終了しました。

ご来場くださいましたみなさま、お世話になった梅の木さんのスタッフのみなさま、ありがとうございました。

会期中が引越しと重なり、ほとんど会場に行くことができず、お忙しい中いらして頂いた方には、本当に申し訳ございません。

今回は、筆ペンにメモ帳、シャチハタ印を使って"OLの呟き"をテーマにした作品を展示しましたが、「おもしろい」と言って頂き、大変嬉しく思っております。
今後もこのシリーズは続けていきますので、どこかで見かけましたら、「ああ、またやってるな」と、ちょっと思い出して頂けたら幸いです。

年内は、日本での展示はこの個展が最後、16日からはパリでのグループ展に出品し、2018年を締め括らせて頂きます(多分…)。

正直、引越しの疲れがまだ取れてないので、しばらくゆっくりしたい(笑)



パリでは、銀座のGallery G2さんにお声がけ頂き、富士山展に出品します。

DSC_0209~2

この期間、偶然パリにいるぞ‼️って方がいらっしゃいましたら、どうぞよろしくお願いいたします。
次回展示情報
☆展示情報☆

〇常設展示〇

あーとカフェ笹峯ぎゃらり

東京都渋谷区幡ヶ谷1-32-15
10:00〜18:00
日曜・祝日休み

常設ですので、イベントや他の作家さんの発表の時は展示されていませんので、ご了承ください。
スケジュールは、ギャラリーさんのホームページでご確認ください。
http://sasamine.handmade.jp

アクセスカウンター
  • 累計:

ランキングエントリー中
ポチッとクリックお願いします! にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ にほんブログ村 美術ブログ 筆文字・アート書道へ
人気ブログランキングへ
Contact

名前
メール
本文
facebook
twitter Follow Me!
https://twitter.com/chikusui
Instagram/Chikusui
Instagram
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ