書家・佐々木竹翠〜いちごいちえ〜

東京で、かな書(ひらがな)をメインに、デザイン書や漢字の書を制作・発表している書家、佐々木竹翠のWeb Siteです。

ロートレック

ご訪問、ありがとうございます。

パリ♥グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展@三菱一号館美術館

またもや久しぶりの更新になってしまいまして、申し訳ございませんm(__)m
ご無沙汰している間に、季節はすっかり冬になってしまいました。

さて、先日、三菱一号館美術館で開催中の「パリ♥グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展」のブロガー内覧会に参加してきました。

DSC_0663

まず、野口玲一氏(三菱一号館美術館学芸員)と、「青い日記帳」主宰の中村剛士氏のギャラリートークで、この展覧会の見所をたっぷりとお聞きし、

DSC_0672

そう、この画像を見てお気づきになられたと思いますが、この展覧会、会場もかなり工夫されています。

DSC_0675

このギャラリートークが行われた会場は、街をイメージした”ストリートの部屋”。みんなが楽しめる、分かりやすい版画が展示されています。

次にあるのは”エリートの部屋”。こちらは、芸術的半額表現、つまり、コレクター向けの作品展示されていて、

DSC_0676

ロートレックが使った石版なども展示されています。

また、私が一番グッときたのは、こちらの作品。

DSC_0684

浮世絵。
これらは、ゴッホ美術館所蔵の浮世絵で、渓齋英泉・歌川国芳・歌川国貞・歌川広重、そして、月岡芳年と、嬉しくなる展示です。

もちろん、ロートレックの作品も、ワクワクしてしまう作品ばかりで、

DSC_0667

DSC_0668

この他、ヴァロットンやドニやボナールなど、三菱一号館美術館、そして、オランダのファン・ゴッホ美術館所蔵の、貴重な19世紀末の版画コレクションから、リトグラフやポスターなどを中心に、油彩や挿し絵本等を加えた約140点の作品が展示されています。

また、この展覧会は、オリジナル・グッズも豊富で、

DSC_0664

DSC_0665

どれも欲しくなってしまうグッズばかりなのですが、その中でも特にステキだったこちらのトートバッグを、買ってしまいました…

DSC_0740


DSC_0739

どちらが表でも裏でもいいのですが、これはロートレックのこの作品、

DSC_0683

私が大好きな作品「悦楽の女王」のトートバッグです。
このバッグ、丈夫な作りでかなりな大きさで、ちょっとお買い物をしすぎちゃっても大丈夫。
また、バッグと同じ柄のポーチもあって、こちらも買ってしまいました…

DSC_0741

このポーチ、丁度iPad miniが入る大きさで、

DSC_0742

バッグと一緒に活躍しそうです。

もちろん、バッグもポーチも、他のロートレックのポスター作品がデザインされた物がありますので、どうぞお気に入りをゲットしてみてください。

あと、ワインもゲットしたのですが、これは友だちにプレゼントしちゃいましたので、画像はナシです。

そう、クリスマスプレゼントにも、ピッタリなグッズが多いです。
展示と合わせて、超オススメです!

※会場内画像は、内覧会のため、主催者から特別に許可を得て撮影しています。

パリ♥グラフィック ロートレックとアートについてなった版画・ポスター展

会期 2018年1月8日まで
開館時間 10:00〜18:00(祝日を除く金曜日、1/4・1/5は21:00まで)
休館日 月曜日(ただし、1/8と12/25は開館)
年末年始休館 2017年12月29日〜2018年1月1日)
会場 三菱一号館美術館
   東京都千代田区丸の内2-6-2

展覧会公式サイト http://mimt.jp/parigura

アール・ヌーヴォ―のポスター芸術展〜松屋銀座

松屋銀座で開催されている、「アール・ヌーヴォーのポスター芸術展」を見てきました。

アール・ヌーヴォーの時代といえば、19世紀後半から20世紀にかけて・・・つまり、世紀末のあたりかしら。

この時代のポスターがかなりの点数展示されていて、躍動感がありながらもどことなく陰影のある、芸術性の高いポスターの数々。

ロートレックにミュシャのポスター芸術はあまりにも有名ですが、おもしろかったのがクリムトの「ウィーン分離派展」のポスター。

これ、検閲前と検閲後が展示されているのです。

そう、ある部分があまりにも露骨に表現されていたため、検閲でその箇所を隠したデザインになってしまったわけですが。

その検閲前のポスターの芸術性が素晴らしい。

う〜ん、こちらを使って欲しかった・・・と思いながらも、これってやっぱ、現代でもダメよね。多分。

もちろん、グッズのポストカードもクリアファイルも”検閲後”の作品しかありませんでしたが。

検閲前の作品からは、”時代を動かそう”という躍動感を感じましたね。

まあ、この作品も「ポスター」でなく「美術」でしたらなんの問題もなかったのでしょうが。

そのあたりがやはり、ポスターの難しいところなんでしょう。

なんか、クリムトの話ばかりになってしまいましたが、人の”生”を感じるポスターの数々に、元気をもらえる展覧会です。



アール・ヌーヴォーのポスター芸術展

2010年8月25日(水)→9月6日(月)
10:00〜20:00(入場は閉場30分前まで。最終日は17:00まで)

松屋銀座8階大催事場
東京都中央区銀座3-6-1


ロートレック・コネクション - Bunkamura ザ・ミュージアム

今日は、渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムに「ロートレック・コネクション展」を見に行ってきました。

私、ロートレック、好きなんですよ。

詳しいことは分かりませんが、何ともいえずモダンですよね。

日本風に言えば”粋”。

そう、浮世絵に通じる雰囲気が好きなんです。

その中でも特に好きなのが、これ。

091211_2123~0001

[歓楽の女王]。

この展覧会の入場券の写真にも使われています。

女のしたたかさと男の単純さが、このシンプルな構図の中に見事に表現されていて・・・。

大好きです。この作品。

会場の売店で、丁度この作品の手提げバックが売っていたので、思わず買ってしまいました。

画像は、その手提げ・・・なんですが、なんだかピントが合ってませんよね(汗)

最近、ケータイのカメラ、ピンボケします。


会場はロートレックの作品以外にも数々の作家の作品が展示されていますが、ミュシャも2〜3枚ありました。

色っぽかったです。ミュシャ。

そう、”エロい”んじゃなくて”色っぽい”。

これも”粋”に通じる感覚ですよね。


雨は強かったし、渋谷はやたらに人が多いし、でも会場は、幸いにして、混んでいなかったからゆっくり見れましたし。



さて、明日は吉祥寺の横丁ギャラリーさんへ行く前に、六本木のサントリー美術館へ寄って行こう・・・と。

自分の展示が一区切りついたから、ゆっくりと展覧会を見てライヴに行って・・・。



あ、私の今年最後のグループ展、横丁ギャラリーさんでの「ねこ展」は13日までです。


明日は16時過ぎから、ちょこっと会場に顔を出しています。



お時間ある方は、いらして下さいね。
次回展示情報
☆展示情報☆

〇常設展示〇

あーとカフェ笹峯ぎゃらり

東京都渋谷区幡ヶ谷1-32-15
10:00〜18:00
日曜・祝日休み

常設ですので、イベントや他の作家さんの発表の時は展示されていませんので、ご了承ください。
スケジュールは、ギャラリーさんのホームページでご確認ください。
http://sasamine.handmade.jp

アクセスカウンター
  • 累計:

ランキングエントリー中
ポチッとクリックお願いします! にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ にほんブログ村 美術ブログ 筆文字・アート書道へ
人気ブログランキングへ
Contact

名前
メール
本文
facebook
twitter Follow Me!
https://twitter.com/chikusui
Instagram/Chikusui
Instagram
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ