書家・佐々木竹翠〜いちごいちえ〜

東京で、かな書(ひらがな)をメインに、デザイン書や漢字の書を制作・発表している書家、佐々木竹翠のWeb Siteです。

國學院大學

ご訪問、ありがとうございます。

山種美術館から國學院大學博物館へ

先日、雪の舞う中、山種美術館の【奥村土牛 展】と、國學院大學博物館の【神に捧げた刀 展】を見に行ってきました。

DSC_0036~2
   
                         DSC_0037~2

最近、この2つの会場で開催される展覧会は、ハシゴして観賞するのですが、両方とも「日本的」な展示がメインのため、満足感が倍になります。

【奥村土牛展】では、日本の美術の優雅さと美しさに触れ(特に、白い兎の絵の、モフモフ感がたまらなかった✨)、【神に捧げた刀展】では…と、なぜかこちらは女性客ばかりで、なんでも、最近、女性に人気があるようですね。刀。一緒に行った友達が言ってまして、ちょっとびっくりしました。

いろんなことが流行るんですね。。。

と、流行に追い付いていない私でしたが、どちらの展示も凛としていて、日本人の精神美は、しっかりと堪能してきました。


奥村土牛展

会期  平成31年(2019年) 3月31日まで
会場  山種美術館


神に捧げた刀

会期  平成31年(2019年)3月16日まで
会場  國學院大學博物館

かぐや姫の物語

今日は母校・國學院大學の資料館で開催されている「かぐや姫の物語展」を見てきました。

しかし・・・この大学の変貌ぶりはなんだ!もう、立派になりすぎて、どこに何があるなんて皆目見当がつかない!

うだるような暑さの中、ボー然とMAPを見つめるが、なんとか室だけでも何個あるのよ。・゚・(ノД`)

もう、籠に乗ってお月さまへ行きたいような気分になったら、なんと、目の前に見えるはかぐや姫の幟。

もう、半べそかきながらたどり着きました。

ドアも自動ドアなのね・・・なんだかやっぱ、母校といえど母校でなくなってしまった趣の扉を開け中に入ると、これまた立派な資料館。

多分確かここ、私が在学中も資料館としてあった場所だけど、ああ・・・なんてこと・・・立派すぎる資料館になっている。

もう完全博物館並みの資料館の入口近くで、ささやかに開催されていた「竹取り物語」。

そりゃもう、名品揃いと噂には聞いていた図書館の所蔵品とあって、素晴らしい展示の数々。

在学中はお勉強なんてほとんどしなかった私ですが、不思議なもので、卒業して何年も何年も経ってから、その凄さやありがたさが分かるもので。

まあ、そんなものですよね。


かぐや姫の物語〜國學院大學学びへの誘い

会期は21日まで。入場無料。

國學院大學伝統文化リサーチセンター資料館(國學院大學渋谷キャンパス学術メディアセンター地下1階)



自分的には、かぐや姫より浦島太郎の心境でしたが・・・。


次回展示情報
☆展示情報☆

〇常設展示〇

あーとカフェ笹峯ぎゃらり

東京都渋谷区幡ヶ谷1-32-15
10:00〜18:00
日曜・祝日休み

常設ですので、イベントや他の作家さんの発表の時は展示されていませんので、ご了承ください。
スケジュールは、ギャラリーさんのホームページでご確認ください。
http://sasamine.handmade.jp

アクセスカウンター
  • 累計:

ランキングエントリー中
ポチッとクリックお願いします! にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ にほんブログ村 美術ブログ 筆文字・アート書道へ
人気ブログランキングへ
Contact

名前
メール
本文
facebook
twitter Follow Me!
https://twitter.com/chikusui
Instagram/Chikusui
Instagram
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ