書家・佐々木竹翠〜いちごいちえ〜

東京で、かな書(ひらがな)をメインに、デザイン書や漢字の書を制作・発表している書家、佐々木竹翠のWeb Siteです。

東京都美術館

ご訪問、ありがとうございます。

寒空の下のソフトクリーム

f2669ced.jpg土曜日は、東京都美術館に行ってきました。

「令泉家展」を見に。

しかし…この展覧会の感想は、もう少し日が経ってからじゃないと書けません。

なぜなら、あまりにも中高年の女性観覧者のマナーが悪かったから。
それも、一人や二人じゃない。

もう、うるさくて不愉快で…展示の素晴らしさよりも、こちらの方を中心に書いてしまいそう。

ホント、この人たちは、美術館というところを何だと思ってるのか…今回に限らず、いつもこの年代の女性たちの、美術館でのマナーの悪さには閉口します。


そんなんで、観賞後は、感動半分怒り半分で上野公園を散歩しました。

しばらく行くと、おいしそうなソフトクリームの看板。

ムシャクシャしてる時は甘い物が一番ですから、早速、食べました。

ソフトクリーム。

すごいボリュームでしょ。

さすがに、寒空の下、全部食べ終わる頃には体がガチガチになりましたが(笑)
でもこれもまた、なかなかオツなものでしたよ。


年内最後の展覧会観賞が、とんでもなく不愉快なものになってしまって、ちと残念でしたが、ソフトクリームで飛んでけ〜!てなカンジですか(笑)

日本の美術館名品展

ff2f34ec.jpg昨日は、上野の東京都美術館でやっている「日本の美術館名品展」を見に行きました。

国内の公営美術館に収蔵されている名品を公開したこの展覧会。

会期終了も近いせいか、平日の昼間だというのに、かなり混んでいました。

会場は、最初に西洋の名品から始まり、次に日本の洋画、最後に日本画という構成で、西洋の作品の会場の方が、皆さんが知ってる有名な作家が多いせいか、混んでました。

なぜか、会場が進むにつれ、じっくり見ている方が少なく…それ幸いと、私はそれらの会場をじっくり見てきましたが(笑)

とにかく、様々な作家の作品が一挙に展示されているので、要点を押さえないと消化不良になってしまいます。

私は、西洋ではミロとダリ、日本では、吉原治良と佐伯祐三の作品を見れたのが、一番かな。

特に、吉原治良。真っ赤な背景にスカイブルーの円の作品。ものすごいインパクトで、しばらく無心で見入ってしまいました。

佐伯祐三は、ぜひ一度、生で見てみたかった作家。やはり、雰囲気の素晴らしい作品でした。


会期は7月5日まで。

写真は、上野公園にいたネコちゃん。

次回展示情報
☆展示情報☆

〇常設展示〇

あーとカフェ笹峯ぎゃらり

東京都渋谷区幡ヶ谷1-32-15
10:00〜18:00
日曜・祝日休み

常設ですので、イベントや他の作家さんの発表の時は展示されていませんので、ご了承ください。
スケジュールは、ギャラリーさんのホームページでご確認ください。
http://sasamine.handmade.jp

アクセスカウンター
  • 累計:

ランキングエントリー中
ポチッとクリックお願いします! にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ にほんブログ村 美術ブログ 筆文字・アート書道へ
人気ブログランキングへ
Contact

名前
メール
本文
facebook
Follow Me!
Instagram/Chikusui
Instagram
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ