書家・佐々木竹翠〜いちごいちえ〜

東京で、かな書(ひらがな)をメインに、デザイン書や漢字の書を制作・発表している書家、佐々木竹翠のWeb Siteです。

泉屋博古館分館

ご訪問、ありがとうございます。

明治有田 超絶の美ー万国博覧会の時代@泉屋博古館分館


image

泉屋博古館分館で開催中の、「明治有田超絶の美ー万国博覧会の時代」のブロガー内覧会に参加してきました。

佐賀県立九州陶磁文化館 館長 鈴田由紀夫氏、美術史家・本展コーディネーター 森谷美保氏、泉屋博古館分館 森下愛子学芸員による、ギャラリートークのあと、展示会場内へ。

imageimageimage

まず、鈴田由紀夫 佐賀県立九州陶磁文化館館長による、みどころ作品の説明を聞きました。

向かって左の大きな花瓶”染付蒔絵富士山御所車文大花瓶”は、金色の部分は漆を使っていて、約185cmある大きな作品との事ですが、実物は185cmより、もっと大きく見えました。

中央の”色絵菊花流水”足の部分が非常に細い焼き物で、超人技的な細かい模様が非常に美しい作品でした。
 
向かって右の”色絵有職文耳付大壺” は、大変エキゾチックなデザインの作品で、この作品から、明治は、デザインなどの意識も変わっていったということが見えてきます。

image

image

そして次は、美術史家で、この展覧会のコーディネーターである、森谷美保氏による、香蘭社の図案の説明を聞きました。

この図案、なんだかとても新しいような古いような、そう、時代を超えて使えるデザインってこういうものなんだな・・・と、納得。

image

展示されている食器も、ひとつひとつが隙がないくらい繊細で、美しくもあり可愛らしくもあり、「こんな食器で食事がしたいな」と、夢を持てる作品ばかり。

丁寧に作られたものは、月日が経っても変わらぬ美を保ち続けるものなのですね。

世界を魅了した、有田焼の美と、明治の職人の超人技を堪能できるこの展覧会。

ぜひ、じっくりとご覧ください。

※会場内画像は、内覧会のため、主催者の許可を得て特別に撮影しています。


明治有田 超絶の美 万国博覧会の時代

会期 前期 2016年9月24日〜10月30日
   後期 2016年11月1日〜12月4日
開館時間 10:00〜17:00(入館は16:30まで) 
休館日 月曜日(10/10開館・10/11休館)

会場 泉屋博古館分館
           東京都港区六本木1-5-1

バロン住友の美的生活@泉屋博古館分館

誕生日に気合い入れて更新してから、早2週間が過ぎました・・・3月も今日で終わり。

体調がやっと戻ってきたと思ったら、季節はもう花粉症、そして、いろいろなことがありまして、今、やっと日常に戻りつつあります。はい。(花粉症は絶好調ですが)

春ですからね。年度末ですからね。

で、本当はこの記事も、もっともっと早く書かなければならなかったのですが、先月、泉屋博古館分館で2/27から開催中の「バロン住友の美的生活〜美の夢は終わらない」の内覧会に行ってきました。

先月かよ!とか突っ込みいれないで・・・

そう、この展覧会、第1部と第2部がありまして、私が今回、ここでご紹介するのは、第1部、「バロン住友春翠〜邸宅美術館の夢」 になります。

image
こちらが住友春翠氏。

住友家の15代当主である、住友春翠氏が集めた、東西美術の優品をゴージャスに展示したのが、この第1部になります。

まず、ゴージャスな美術品の前に、住友家須磨別邸模型とか

image

image

一目見てもう、豪邸ぶりがハンパないです。

そして、美術品。

image

image

image

image

こんな言い方はふさわしくないのかもしれませんが、とにかく、センスがいいのです。
自分の目で見て、「美しい!」と感動した作品を集めたんだな、というのが伝わってきます。

本当に美術を愛していたんですね。

第1部では、西洋から東洋の美術、そして、工芸が展示されていて、第2部では、和の美が展示ということで、明治・大正時代の”真のセレブ”が集めたコレクション、本物の美がそろったこの展覧会、1部・2部とも見逃せません。

※会場内の画像は、内覧会のため、許可を得て特別に撮影しています。


バロン住友の美的生活〜美の夢は終わらない

第1部「バロン住友春翠〜邸宅美術館の夢」
会期 2016.2.27(土)→5.8(日)
開館時間 10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日

第2部「数奇者住友春翠〜和の美を愉しむ」
会期 2016.6.4(土)→8.5(金)
開館時間 10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(ただし、7/18は開館、7/19休館)

会場 泉屋博古館 分館
           東京都港区六本木1-5-1
 
次回展示情報
☆展示情報☆

〇常設展示〇

あーとカフェ笹峯ぎゃらり

東京都渋谷区幡ヶ谷1-32-15
10:00〜18:00
日曜・祝日休み

常設ですので、イベントや他の作家さんの発表の時は展示されていませんので、ご了承ください。
スケジュールは、ギャラリーさんのホームページでご確認ください。
http://sasamine.handmade.jp

アクセスカウンター
  • 累計:

ランキングエントリー中
ポチッとクリックお願いします! にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ にほんブログ村 美術ブログ 筆文字・アート書道へ
人気ブログランキングへ
Contact

名前
メール
本文
facebook
Follow Me!
Instagram/Chikusui
Instagram
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ