書家・佐々木竹翠〜藝術調教

東京で、かな書(ひらがな)をメインに、デザイン書や漢字の書を制作・発表している書家、佐々木竹翠のWeb Siteです。

渋谷

ご訪問、ありがとうございます。

イベント企画&開催します☆

このたび、めでたく?イベントを企画しました。

ずっとアタマの中で寝かせていたアイデアが、やっと実現できる場所に出会いまして・・・

まだまだこれから先のなが〜いモノとなりますが、とりあえず、第一回目は10月31日に開催。


「手紙について語る会」

日時:2012年10月31日(水)19:30〜21:30

場所: 渋谷区南平台町9-13ハイアット139

参加費:500円


渋谷にあるシェアスペースでの開催になります。
このスペースでは、「アシタネ」という名目で、月に何度か様々なお題目の会が設けられていて、今回、私は初の企画。
今はなかなか書くことのなくなった”手紙”について、みんなの思いを語り合いましょう!って会です。

「アシタネ」については、こちらをご覧ください。↓
アシタネweb site


ただ今回は一回目とあって、フェイスブックページからのみの申し込みになります。
次回はこのブログからも、申し込めるようにしたいと思います。




とにかく、継続できるよう頑張ります。今はそれだけ(笑)


憧れのハチ公バス

THE LIBRARY展もお陰さまで無事終了しました。

ご来場下さいましたみなさま、ありがとうございました。


で、今日は搬出だったわけだけど、今日の神宮外苑近辺は、先日の花火大会の時とは打って変わったような静けさで・・・すんなりと歩けました(笑)


搬出が終わって青山通りを歩いていると、「ハチ公バス」が。

このハチ公バス、渋谷・青山辺りでよく見かけるコミュニティ・バスなのですが、まだ1度も乗ったことがありません。

バスに可愛らしい「ハチ公」のイラストが描いてあって、とにかく可愛い。

いつも乗りたいな〜と思いつつ、なかなかバス停にもめぐり合えず。

と、今日、表参道でやっとバス停を見つけました。


090808_1848~0001



ご覧のように、バス停も可愛い

やっと見つけた乗り場、ぜひぜひ乗りたかったのだけど、行っちゃったばっかりで、おまけに、行きたい方面と反対方向。

向こう岸へ渡ってバス停を探そうかと思ったけど、まあいいや。

楽しみは次に取っておこう。


ってなカンジで、いつも通りに帰ってきました。



ああ、憧れのハチ公バス




こちらもクリックよろしくね♪→ 人気ブログランキングへ

「ピカソとクレーの生きた時代」〜Bunkamura the museum

14日の土曜日には渋谷のBunkamuraへ、「ピカソとクレーの生きた時代」を見に行った。

かなり前に前売りを買っていたんだけど、気づいたら、今月の22日で終わっちゃうじゃない。

なんか・・・早いな〜。

で、ピカソもクレーももちろん素晴らしいんだけど、やっぱ、この展覧会で良かったのは、シュルレアリズムの作品。
もともとこの系統の作品は好きなのだが、今回は、展示数が限られていたけど、質の濃い作品が多かったと思う。

特に、ルネ・マグリットの作品が素晴らしかった。

マグリットは、過去何度か見たことがあるけど、ほとんどが画集でのみ。だからやっぱ、ナマで目の前にした時の印象は全然違う。

絵も音楽同様、やっぱ、ナマが一番だよね。
それで、一気にマグリットに火がついちゃったんだけど(笑)。

それと、1点だけだったけど、大好きなミロもあって。

何度も戻って、このマグリットとミロを見てしまった。

結構、私の観賞の仕方って、偏ってるかもね(汗)

全体的には、タイトル通り、ピカソとクレーの作品が多め。
でも、クレーって初めてこんなじっくり見た気がする・・・てか、あれ?こういう作品だったっけ?ってカンジ。
なんだか、私の中で、勝手な解釈のクレーができていたようだ。

会期終了も近いので、会場は混んではいるけど、観賞できないってほどではないので、まだ見てない方には、ぜひ、オススメ。


しかし・・・道玄坂は人が多くて、上るのが大変だ。

渋谷はやっぱ、不思議な街。

a2cd4ad1.jpgまったく不思議な街だよね。
何度行ってもさ。

今日は、Bunkamura the museumで、「ピカソとクレーの生きた時代」を見てから、夜はPLUGというライブハウスで、新鋭ボーカリストのMARUさんのライブを聞いて。

このライブハウス、ホントにライブハウスで、ドリンクメニューしかない。中で何か食べればいいや〜と、考えていた私がバカだった。

でも、外はどこの店もいっぱいで。
美術館からライブハウスまで、かなり歩いたけど、なんだかもう、ガチャガチャで。
とても、ゆっくり食事どころじゃなかったわけで。

しかし、まさかフードメニューのないライブハウスだとも思わなく…いや、ライブハウスなんだから、本来、フードメニューなんてないのが普通なんだよね。

そう、私がここのとこ、年中行ってるライブハウスは、レストラン&ライブハウスってやつで、それに慣れてしまってたから、仕方ないっちゃ仕方ない。

で、MARUさんのパワー溢れるステージを楽しみ…それも、スタンディングで。

朝からろくな物食べてなく、ライブ前も何も食べず、はっきり言って若くもなく、エネルギーなんて全くないはずなのに、よく、3時間近く立っていられたと、我ながら不思議。

そんな私も不思議だけど、伝統と新鋭と、歩いて行ける距離で両方に触れられてしまう渋谷って街は、もっと不思議。

きっと、あのガチャガチャした道中は、タイムマシンの役割なのだ…。
次回展示情報
☆展示情報☆

佐々木竹翠個展
「ものがたり」
2017/5/11〜5/31
5/20 19:00〜
ライブイベント
旧橋壮(sax)
酒井エル(dance)
佐々木竹翠(live painting)

梅の木十条店
東京都北区上十条2-24-10 2F

※詳細は決まり次第お知らせします。


Affordable Art Fair in LONDON
2017/5/11〜5/14

アクセスカウンター
  • 累計:

ランキングエントリー中
ポチッとクリックお願いします! にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ にほんブログ村 美術ブログ 筆文字・アート書道へ
人気ブログランキングへ
Contact

名前
メール
本文
facebook
Follow Me!
Instagram/Chikusui
Instagram
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ