image


静嘉堂文庫美術館で開催中の「超・日本刀入門〜名刀でわかる・名刀で知る」の、ブロガー内覧会に参加しました。

まず、静嘉堂文庫美術館館長の河野元昭氏・静嘉堂文庫美術館学芸員の山田正樹氏・青い日記帳のTak氏によるアートトークで、本展覧会の見どころなどのお話を聞き、

image


展覧会会場へ。

会場では、山田正樹学芸員のギャラリートークを聞きながら、

image


image


日本刀の名刀を観賞しました。

image


image


正直、この展覧会を見るまで、日本刀には全く興味がなかったのですが、山田学芸員の大変わかりやすい説明で、日本刀の観賞の仕方も分かり、新しい発見がありました。

今回の展覧会では、所蔵の国宝・重文刀剣9件が展示されており、個人的におすすめなのは、”三菱を救った刀”といわれる「津田助広刀」。なぜ”三菱を救った刀”なのかは、ぜひ、会場でご覧ください。

また、この展覧会が開催されている静嘉堂文庫美術館は、素晴らしい自然の中にあり、美術館の窓からは、

image


image


天気がよければ、このように、美しい富士山を見ることができます。

どうぞ、日本の名刀と名山を合わせてご堪能ください。

会場内画像は、内覧会のため、美術館より許可を得て特別に撮影したものです。




超・日本刀入門〜名刀でわかる・名刀で知る〜

会期 2017年1月21日(土)→3月20日(月・祝)
開館時間 10:00〜16:30(入館は16:00まで)
休館日 毎週月曜日(ただし3/20は開館)
入館料 一般1,000円、大高生700円、中学生以下無料

会場 静嘉堂文庫美術館
東京都世田谷区岡本2-23-1