書家・佐々木竹翠〜いちごいちえ〜

東京で、かな書(ひらがな)をメインに、デザイン書や漢字の書を制作・発表している書家、佐々木竹翠のWeb Siteです。

静嘉堂文庫

ご訪問、ありがとうございます。

名物裂と古渡り更紗@静嘉堂文庫美術館

IMG_20191102_170059_324

静嘉堂文庫美術館で開催中の「名物裂と古渡り更紗」展、内覧会に行ってきました。

展覧会タイトルだけを見ると「何の展覧会?」と思われるかもしれませんが(私も思いました)、静嘉堂文庫美術館では初めてとなる、染織の展覧会です。

お茶の道具を包む布や、絵画・墨蹟を飾る布など、美しいデザインや色彩の織物の展示は、特殊なテーマでありながら、非常に親しみやすくて、会場の雰囲気はざっとこのような感じです。

DSC_0565

DSC_0562

DSC_0563

DSC_0564

DSC_0566

…画像では相変わらず、そのデザインや繊細さなど、細かいことは伝わりませんので、ぜひ、会場で、一つ一つをじっくりとご覧下さい。

DSC_0561

DSC_0560
↑ちなみに、大きめに展示されている作品の、赤い更紗は、広げると16mあるそうです。

そう、観賞後のミュージアムショップでのお買い物も楽しみのひとつですが、静嘉堂文庫美術館さんのショップも、魅力的なグッズが揃っています。

DSC_0569

こちらもぜひお立ち寄りください。

※会場内画像は、内覧会のため、美術館から特別に許可を得て撮影しています。

名物裂と古渡り更紗

会期  2019年11月2日(土)〜12月15日(日)
開館時間  10:00〜16:30(入館は16:00まで)
休館日  毎週月曜日
入館料  一般1,000円/大高生700円/障害者手帳をお持ちの方および同伴者1名700円/中学生以下無料
会場  静嘉堂文庫美術館
          東京都世田谷区岡本2-23-1
美術館ホームページ http://www.seikado.or.jp

入門 墨の美術 −古写経・古筆・水墨画−

DSC_0482

先日、静嘉堂文庫美術館で開催中の「入門 墨の美術−古写経・古筆・水墨画−」展、ブロガー内覧会に行ってきました。

「墨」の作品ばかりが展示されているこの展覧会。
そう、「墨」というと、なんとなく地味で渋いイメージですが、全ての作品を見終えると、その奥深さと優雅さに気付いてしまいます。

DSC_0473
↑担当学芸員さんのギャラリートークを聞きながら、作品を観賞。


DSC_0480
↑入口入ってすぐの展示室では、ユニークなイラストがお出迎え。


DSC_0468
↑古写経の展示。
一文字一文字から、凛とした心地よい緊張感が伝わってきます。


DSC_0477

DSC_0479
↑水墨画では、墨の濃淡の巧みな技に感動。これ、ホントに凄い。


そして、古筆は、

DSC_0469
↑右・古今和歌集 高野切
    左・和漢朗詠抄 大田切【国宝】

DSC_0470
↑寸松庵色紙

と、一応書道を嗜んだ自分としては、食いつきたくなるような名筆が展示されています。


が、古写経・水墨画・古筆のどの作品も、画像ではやはり、その素晴らしさが全く伝わりませんので(私のカメラのせいではありません)、もう、これは迷わず会場でご覧下さい。

また、美術館ラウンジには、

DSC_0481
石印材が展示されていて、こちらも、大変貴重な作品ばかり。必見です。

会期中は、講演会やフルートの四重奏コンサートなどのイベントもあり、こちらは美術館ホームページでご確認下さい。

最後に、このような「墨」の作品ばかりの展覧会、これからもどんどん開催され、その美しさ・面白さが広まればいいな。。。と、心ひそかに思うのでありました。

※会場内画像は、内覧会のため、美術館から特別に許可を得て撮影しています。

入門 墨の美術−古写経・古筆・水墨画−

会期  2019年8月31日(土)〜10月14日(月・宿)
開館時間  10:00〜16:30(入館は16:00まで)
休館日  毎週月曜日(ただし、9/16,9/23,10/14は開館) 9/17(火)、9/24(火)
入館料  一般1,000円 
              大学生及び障害者手帳をお持ちの方(同伴者1名を含む)700円 
              中学生以下無料
会場  静嘉堂文庫美術館
          世田谷区岡本2-23-1
美術館ホームページ http://www.seikado.or.jp/








幕末の北方探検家 松浦武四郎 展 @静嘉堂文庫美術館

DSC_0233

9/24から静嘉堂文庫美術館で開催されている、「幕末の北方探検家 松浦武四郎 展」の、ブロガー内覧会に行ってきました。

さて、この松浦武四郎という人ですが…
「北方の探検家」であり「北海道の名付け親」であり、当時、"蝦夷地"と呼ばれていた北海道に6回も渡って調査して、内陸部まで詳細に記された地図を作成した、大変凄い人であります。

DSC_0225

会場の床には、このように↓

DSC_0211

この時の地図の複製?が展示されており、

DSC_0227

上に上って、その詳細さを見ることができます。

いや、これは本当に凄い。。。

そして、この地図の他にも、

DSC_0217

↑長さ145cm、重さ3kgの、水晶や瑪瑙などで作られた大首飾りなど、身長が150cm弱しかなかった松浦武四郎が身につけていたとは思えないワイルドな装飾品や、

DSC_0209
【成澤麻子主任司書によるギャラリートーク】

↑この大首飾りをつけた松浦武四郎の写真。

DSC_0218

DSC_0216
DSC_0220
DSC_0221

様々なジャンルのコレクションの数々。

DSC_0228

DSC_0229
DSC_0230
DSC_0231

これらコレクションは、キチンと分別され、まとめて大きな箱に収められいるというから、その几帳面さには頭が下がります。

だから、あれだけ詳細な地図が作れるんですね。

また、松浦武四郎美術館所蔵の、河鍋暁斎の「武四郎涅槃図」の複製画と、

DSC_0232

絵に使われたコレクション

DSC_0224

も展示されていて、「北方探検家」と「コレクター」の両面からの松浦武四郎を知ることができます。

会期中は、いろいろなイベントも企画されていて、

【講演会】
10/7(日) 「好古家松浦武四郎の眼」内川隆志 氏
10/21(日)「祭祀の中の勾玉」椙山林継 氏
11/18(日)「松浦武四郎 八面六臂の大活躍」山本命 氏

10/14(日) 河野元昭館長のおしゃべりトーク!

9/29(土) 呈茶〈立礼式〉
10/6(土) アイヌの文化に親しみましょう!コンサート
11/10(土) 松阪牛試食会
11/11(日) ワークショップ「オリジナル勾玉作りに挑戦!
12/6(土) 静嘉堂クリスマスコンサート

と、実に松浦武四郎のコレクションにように多様なイベントが開催されます。

個人的には11/10の【松阪牛試食会】がめちゃくちゃ気になるんですが…。
詳細は美術館ホームページでご確認下さい。

しかし、今のように、スマホもGoogle Mapもない時代に、これだけの地図…それもあの大きな北海道の地図を、歩いて調べて作るとは、もう、昔の人の芯の強さには、ただただ、"凄い"としか言えません。。。

※会場内画像は、内覧会のため、主催者から特別に許可を得て撮影しています。

幕末の北方探検家 松浦武四郎 展

会期  2018年9月24日〜12月9日
開館時間  10:00〜16:30(入館は16:00まで)
休館日  月曜日(ただし、10/8は開館) 10/9(火)
入館料  一般1,000円 大高生700円 中学生以下無料
会場  静嘉堂文庫美術館
          世田谷区岡本2-23-1
美術館ホームページ http://www.seikado.or.jp

超・日本刀入門@静嘉堂文庫美術館

image


静嘉堂文庫美術館で開催中の「超・日本刀入門〜名刀でわかる・名刀で知る」の、ブロガー内覧会に参加しました。

まず、静嘉堂文庫美術館館長の河野元昭氏・静嘉堂文庫美術館学芸員の山田正樹氏・青い日記帳のTak氏によるアートトークで、本展覧会の見どころなどのお話を聞き、

image


展覧会会場へ。

会場では、山田正樹学芸員のギャラリートークを聞きながら、

image


image


日本刀の名刀を観賞しました。

image


image


正直、この展覧会を見るまで、日本刀には全く興味がなかったのですが、山田学芸員の大変わかりやすい説明で、日本刀の観賞の仕方も分かり、新しい発見がありました。

今回の展覧会では、所蔵の国宝・重文刀剣9件が展示されており、個人的におすすめなのは、”三菱を救った刀”といわれる「津田助広刀」。なぜ”三菱を救った刀”なのかは、ぜひ、会場でご覧ください。

また、この展覧会が開催されている静嘉堂文庫美術館は、素晴らしい自然の中にあり、美術館の窓からは、

image


image


天気がよければ、このように、美しい富士山を見ることができます。

どうぞ、日本の名刀と名山を合わせてご堪能ください。

会場内画像は、内覧会のため、美術館より許可を得て特別に撮影したものです。




超・日本刀入門〜名刀でわかる・名刀で知る〜

会期 2017年1月21日(土)→3月20日(月・祝)
開館時間 10:00〜16:30(入館は16:00まで)
休館日 毎週月曜日(ただし3/20は開館)
入館料 一般1,000円、大高生700円、中学生以下無料

会場 静嘉堂文庫美術館
東京都世田谷区岡本2-23-1
次回展示情報
☆展示情報☆

〇常設展示〇

あーとカフェ笹峯ぎゃらり

東京都渋谷区幡ヶ谷1-32-15
10:00〜18:00
日曜・祝日休み

常設ですので、イベントや他の作家さんの発表の時は展示されていませんので、ご了承ください。
スケジュールは、ギャラリーさんのホームページでご確認ください。
http://sasamine.handmade.jp

アクセスカウンター
  • 累計:

ランキングエントリー中
ポチッとクリックお願いします! にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ にほんブログ村 美術ブログ 筆文字・アート書道へ
人気ブログランキングへ
Contact

名前
メール
本文
facebook
twitter Follow Me!
https://twitter.com/chikusui
Instagram/Chikusui
Instagram
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ