【秩父長瀞プチ旅行記 曽赦促譽肇蹐販垢凌べ物】


長瀞に向かう前に、秩父鉄道・御花畑駅で食べた立ち食いそば。かき揚げが大きくて食べごたえあり。
駅で食べる立ち食いそばって、「旅に来たんだな〜」感がハンパない。


01000061



そして、長瀞の宝登山神社にあった売店では、とにかく暑かったし喉が乾いてたし「やっぱかき氷でしょ!」と注文したら、想定外のボリューム(笑)。
でも氷が細かくてサクサクしてて、かぼすシロップは甘酸っぱくて美味しくて、サラリと完食。


01000074


その後、秩父神社参拝のため御花畑駅に戻り周辺を散策し、まず、秩父神社前の駐車場にあった『秩父病院』の文字を発見。
多分、昔ここに秩父病院があって、その一部をこうやって残してか残っちゃったのか知らないけど、それが駐車場の入口っていうのにとんでもないセンスを感じる。


01000114



また、このあたりには古い建物も多く、ちょっと裏通りを歩いてたら『たから湯』という銭湯があって、この看板の文字といい、男湯と女湯が銭湯の入口ですでに分かれてるところといい、これ、いつ頃の建物なんだろう?
たまらなく中に入ってみたかったけど、多分もう営業はしてないんだろうな。
てか、この文字『たから湯』で間違いないよね?なんか、だんだん自分の知識が信じられなくなってきた😅


01000112


街の中に、さり気なく昭和レトロをぶっこんでくれてる秩父の町、おおらかで面白い。