書家・佐々木竹翠〜いちごいちえ〜

東京で、かな書(ひらがな)をメインに、デザイン書や漢字の書を制作・発表している書家、佐々木竹翠のWeb Siteです。

藝術-Art-

ご訪問、ありがとうございます。

アルフォンス・ミュシャー煌めきの女神たちー【上田市立美術館】

DSC_2851

東京から高速バスに乗り、上田市立美術館で開催中の「アルフォンス・ミュシャー煌めきの女神たちー」を見てきました。

全作品が撮影OKでしたので、会場の展示風景をさらりとお見せしますが、

DSC_2834

DSC_2837

DSC_2841

DSC_2842

DSC_2846

DSC_2847

DSC_2850

かなりの作品数があることにお気づきになられたかと思います。
そう、この展覧会、なんと!!500点という過去最大級の作品が展示されています。
もうね、ミュシャ好きにとってはたまらない展覧会であるのは勿論なんだけど、ひとつの空間がこれだけミュシャの作品で埋め尽くされると、もう眩くて眩しくて。
全作品を見終えた時には、自分もミュシャの描く『女神』になれるんじゃないかと、そんな幻想までしてしまいます。

その眩いミュシャの女神たちの中から、私が独断で選りすぐった作品を2点ご紹介すると、

DSC_2843
うちわに描かれた女神。
『通り過ぎる風が若さを奪い去る』という作品タイトルが、私のすべてを奪い去りました。


DSC_2838
『JOB』ミュシャの女神たちのなかで、私が一番好きな作品。
この粋な妖艶さ。「女はいつまでもこうありたい」という、私の美への理想郷。

そして、作品観賞とともに楽しみなのが、ミュージアムショップでのお買い物❤️
今回の戦利品はコチラ↓

IMG_0076

ハンカチとポストカード。
いやマジ、ハンカチはもったいなくて使えないわ。

こんな感じで、私のおひとりさま美術観賞の旅は終わったわけだけど。
上田市立美術館は、空間も人との距離もゆったりとしてて、落ち着いて作品を観賞できました。いつも東京の狭い美術館で、密になった人と人との頭の間から、せせこましく作品を見てるからね…まあ、仕方ないと言えば仕方ないんだけど、美術鑑賞って、本当はゆったりと落ち着いた、特別な時間の中でするものだと思うの。
なんだか、東京って本当に豊かなのかな?と、帰りの高速バスの中で考えてしまったのでありました。


アルフォンス・ミュシャー煌めきの女神たちーサントミューゼ 上田市立美術館にて、2022.6.12まで開催中。
詳細は、美術館HPでご確認ください。https://www.santomyuze.com/



ボテロ展 ふくよかな魔法〜Bunkamuraザ・ミュージアム

DSC_2771

Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中の「ボテロ展 ふくよかな魔法」のブロガー内覧会に行ってきました。

DSC_2775

Bunkamuraザ・ミュージアムの学芸員 岡田由里さんのギャラリートークのあと、作品を観賞。

DSC_2778
お花も丸い。

DSC_2783
鉛筆で描いても水彩で描いても丸い。

DSC_2788

バレリーナも丸い。

DSC_2787

ダンスも丸い。

そして、

DSC_2786

DSC_2784

名画も丸くなる。

そう、この丸い名画では、2020年制作の《モナ・リザの横顔》が、世界初公開されます。

日本では、実に26年ぶりとなるこの展覧会では、初期から近年までの油彩・水彩・素描などの作品が70点、それもほとんどが日本初公開というのが凄い。

で、いつもお楽しみのミュージアムショップでは、ボテログッズがたくさん並んでて、う〜どれも欲しい!!

DSC_2790

DSC_2791

また、会場を出て中庭に行くと、ボテロの㋑鳥の彫刻作品が。

DSC_2792

この彫刻を見ながら、カフェのコラボメニューを食べてみたり。

DSC_2798

↑上に乗ってるのはチョコレート。中にアイスが入ってます。
パフェも丸い。

こんな感じで、作品も、グッズも、コラボメニューも丸くふくよかで、なんだか殺伐としたこの世の中で、ホッと癒やされる展覧会でした。

あ、グッズは悩みまくって、ご覧の商品をゲット。

DSC_2815~2
ポストカード

DSC_2816~2
ブックマーク

私、アルゼンチンタンゴをやってるので、やっぱダンスの作品に目がいってしまいます。。。

※会場内画像は、内覧会のため、特別に許可を得て撮影しています。

ボテロ展 ふくよかな魔法


会期 2022.4.29〜7.3
開館時間 10:00〜18:00(入館は17:30まで)
夜間開館 毎週金曜日・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
会場 Bunkamuraザ・ミュージアム(渋谷東急百貨店本店横)

展覧会公式サイト
https://www.ntv.co.jp/botero2022/

グループ展に参加してます。

銀座Gallery G2さんで開催中の「ONE for ALL」展に参加しています。

IMG_0072


IMG_0073

私は、モノトーンの作品(書道でどうやってカラーにするのさ)1点を出品しています。

FullSizeRender
↑こちらがその作品。

当初、会期は4/26までの予定でしたが、5/3まで延長になりました(4/27は休廊)。

お時間ございましたら、感染予防対策をしっかりされて、ぜひ、お越しください。

ONE for ALL展

会期 2022年4月21日〜5月3日(4/27は休廊)
時間 12:00〜18:00(最終日16:00まで)
会場 銀座Gallery G2
   東京都中央区銀座1−9−8 奥野ビル1F

ミロ展ー日本を夢みて@Bunkamuraザ・ミュージアム


Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中の、「ミロ展ー日本を夢みて」のブロガー内覧会に行ってきました、

IMG_0061

実はこのミロ展、私はこの内覧会を入れて3回目の観賞になります。
美術について専門的な知識は何もない私だけど、ミロがここまで日本に憧れ、そして、書道の要素を作品に取り入れてくれてて、端くれですが書家としての魂を撃ち抜かれ、で、内覧会前に2回観賞した次第。
以下、私が魂を撃ち抜かれた作品について、勝手に解釈してしまいます。

IMG_0065
遠くから見ると完全に水墨画。
近くから見ると、墨を使ったグラフィックに見えます。


IMG_0064
ミロの書の作品。
向かって右側の書の作品の前で、しばらく震えが止まりませんでした。
何度も戻って見てしまいました。


IMG_0062
空間の捉え方に、非常に日本的な感性を感じます。


IMG_0063
上2点は、まるで前衛書のようです。fantastic!


会場では、Bunkamuraザ・ミュージアムの学芸員、吉川貴子さんのミュージアムトークもあり、

IMG_0068


IMG_0066

そこで黒を基調とした作品は、西洋絵画では珍しいというお話を聞きました。
なるほど、私がミロの作品に以前から日本的なものを感じていたのは、こういうことも関係あるのかもしれませんね。

もう、冗談でなく物心ついた時からミロが好きだったのですが、この展覧会でますます好きになり、こんなにも日本美術をリスペクトしてくれて、書の要素を作品に取り入れてくれて、ありがとう!ミロ!と、世界の中心で叫びたい。

そして、展覧会後のお楽しみ、ミュージアムショップでのお買い物❤️
グッズもとても魅力的で豊富です。


IMG_0059


IMG_0060

私は、1回目の観賞で図録を。

2回目の観賞では、

IMG_0067

素敵な缶に入ったチョコレートと、お誕生日キーホルダーをゲット。
チョコは、このブログを書く前に食べちゃいましたので、残念ながらここでご紹介することができません…ごめんなさい。

なんか、個人的見解ばかりのご紹介になってしまいましたが、みなさん、「ミロ展」ぜひ、ご覧ください。
私もあと2回は見に行きます。

※画像は、本展主催者の許可を得て撮影しています。

ミロ展ー日本を夢みて

会期 2022年2月11日〜4月17日
開館時間 10:00〜18:00(入館は17:30まで)夜間開館 毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
休館日 3月22日
会場 Bunkamuraザ・ミュージアム
   東京都渋谷区道玄坂2−24−1

展覧会公式サイトはこちら>>

会期中全ての土日祝、そして、4/11-17は、オンラインによる入場日時予約が必要ですので、詳しくはBunkamuraさんのHPでご確認ください。

『熟睡展』終了しました。


2022年2月5日〜27日まで、Picaresque  Galleryさんで開催されてた「熟睡展」無事に終了しました。
WEBと店舗にご来場くださった方、気にかけて頂いた方、ありがとうございました。

気づいたら、3月ももう半ば。
もっと早くお礼言えよ!って感じですが、どうぞお許しを。

今年は12月に、実に7年ぶりとなるギャラリーでの個展を予定。
4月にはグループ展に参加予定。

世の中何かと不安な状況で呑気に制作なんてしていていいんだろうか?と気になりますが、でも、このような時だからこそ、アートで気分転換して頂ければと思います。
個展・グループ展ともに、詳細は追ってまたお知らせします。

花粉症本格化、今月末にはワクチン3回目接種を控え、ブログはまた怠けがちになっちゃうかも(汗) 
次回展示情報
佐々木竹翠 書展「副反応」
令和3年11月4日〜24日
月・火・水・金・土曜日 8:00〜20:00
木曜日 8:00〜19:00
日曜日 9:00〜20:00
自家焙煎珈琲 梅の木十条店
東京都北区上十条2-24-1 十条銀座商店街内
※喫茶店での展示のため、必ずワンオーダーをお願いします。
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
ランキングエントリー中
ポチッとクリックお願いします! にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ にほんブログ村 美術ブログ 筆文字・アート書道へ
人気ブログランキングへ
アクセスカウンター
  • 累計:

Contact

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 焼肉〜♫
  • スマホ騒動
  • アルフォンス・ミュシャー煌めきの女神たちー【上田市立美術館】
  • アルフォンス・ミュシャー煌めきの女神たちー【上田市立美術館】
  • アルフォンス・ミュシャー煌めきの女神たちー【上田市立美術館】
  • アルフォンス・ミュシャー煌めきの女神たちー【上田市立美術館】
  • ライブドアブログ