DSC_1212

ども。アルコールで手がかぶれて、皮膚科通いから中々抜け出せない佐々木です。
毎日、痒い痒いですが、めげずに今この現状を生きております。。。なんて、そんな大げさに言うことではないのだけど。

そんな痒い痒いの中、感染予防対策をしっかりとして、三菱一号館美術館で開催中の「テート美術館所蔵 コンスタブル展」のブロガー内覧会に参加してきました。

19世紀のイギリスの画家・コンスタブル。この展覧会は、そのコンスタブルの、

日本では35年ぶりの大回顧展

になります。

もう一度言います。

日本では35年ぶりの大回顧展

です。

その大回顧展には、コンスタブルの作品を世界でも有数に所蔵するテート美術館から、同時代の作家の作品も含め、60点が来日しているのです。

会場内は、さらりとこんな感じで、

DSC_1219

DSC_1221

DSC_1223

DSC_1225

DSC_1227

DSC_1228

これは全く個人的な感想なのですが、雲が非常に印象的な作品が多いですね。
それと、この画像下から二つ目の向かって左側の作品、『ウォータルー橋の開通式』というタイトルの作品ですが、このウォータルー橋って、確か邦題で「哀愁」という、古い古い映画の原題(Waterloo Bridge)だったと思います。その映画を思い出しながら、あの映画の哀愁と、作品が醸し出す雰囲気がぴったりと重なって、今回の作品の中で一番印象に残りました。ホント、これも全く個人的な趣味と感想で、ここに書くのはお恥ずかしいのですけどね。

で、この『ウォータルー橋の開通式』は、コンスタブルのライバル、ターナーとの対決が勃発したという展覧会の展示を再現したという・・・そう、画像下から二つ目は、特に見逃せないのです!
もうね、作品の静寂と優雅さの陰に、こういう人間臭いドラマがあるのかと思うと、それもまた大きな見どころになるわけで。
色々とわくわくする展覧会です。

で、わくわくは作品だけでなく、展覧会グッズも充実してて、

DSC_1213

DSC_1214

DSC_1215

DSC_1217

DSC_1216

DSC_1218

どれも欲しくて迷ってしまって、今回はゲットしなかったのだけど、もう一度、時間がある時にゆっくり行ってゲットしよう。

※会場内画像は、内覧会のため、特別に許可を得て撮影しています。


テート美術館所蔵
コンスタブル展
会期 2021年2月20日(土)〜5月30日(日)
開館時間 10:00〜18:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日(但し、祝日・振替休日の場合、会期最終週と4/26は開館)
会場 三菱一号館美術館
   東京都千代田区丸の内2-6-2
           展覧会公式サイト 

DSC_1232
美術館前の桜も、風景画のように美しかったです。