書家・佐々木竹翠〜いちごいちえ〜

東京で、かな書(ひらがな)をメインに、デザイン書や漢字の書を制作・発表している書家、佐々木竹翠のWeb Siteです。

フランス絵画

ご訪問、ありがとうございます。

ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ@SOMPO美術館

77383641-E124-47E0-8D04-6F4FE08ABCE1829BB09E-2A79-4755-970A-9116920304E0

SOMPO美術館で6月25日から開催されている「ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ」のプレス内覧会に行ってきました。

家庭の事情&コロナ禍で、しばらくSOMPO美術館には足を運べなかったのですが、すごくモダンで綺麗になったのですね。以前の地上42階の夜景が美しかった時も素敵でしたが、今度は通りに面して行きやすくなりました。

さて、今回の展覧会は、ランス美術館収蔵の風景画コレクションの中から、カミーユ・コロー、ルノワール、モネ、ピサロなどの油彩や版画など約80点の作品が、

FDD6B5C3-E33B-4873-89BA-37D7AB53A276  CBE578DA-7B1B-4D4F-827B-79E9930729E5

11286908-83B3-477B-9272-FEBB274D6ED9 ←展示作品をちら見せ

第1章 コローと19世紀風景画の先駆者たち 
第2章 バルビゾン派
第3章 画家=版画家の誕生
第5章 印象主義の展開

という、5つの章で展開されており、コローやモネ・ルノワーといった19世紀絵画の巨匠の作品の他、関連する資料や版画をめぐりながら、フランス近代風景がどのようにして成立していったか、大変わかりやすく展示されていて、「印象派とか難しそうだし詳しくないし…」という方でも楽しめる展覧会です。
個人的には、ゆったりとした風景画の数々は、このコロナ禍で不安定な毎日に、とても落ち着き癒されました。

どうぞ、時間をかけてゆっくりとご覧ください。

※会場内画像は、内覧会のため、主催者から特別に許可を得て撮影しています。


       ランス美術館コレクション
風景画のはじまり コローから印象派へ

会期 2021年6月25日(金)〜9月12日(日)
開館時間 10:00〜18:00(最終入館は17:30まで)
休館日 月曜日(ただし、8月9日は開館、翌10日も開館)
観覧料 一般1500円 大学生1100円 高校生以下無料
会場 SOMPO美術館
   東京都新宿区西新宿1−26−1








プーシキン美術館展@横浜美術館

しばらく更新を怠けてしまいました(^^ゞスミマセン。

で、先週の土曜日のお話になってしまいましたが、横浜美術館で開催中の「プーシキン美術館展」の夜間特別観覧会に行ってきました!

pushikin1

17〜19世紀のフランス絵画66点を集めたこの展覧会。
うち、47点が日本初公開!

展覧会の観賞前に、まず、レクチャーホールにて、横浜美術館の主任学芸員の松永真太郎氏のお話を。

pushikin4

この展覧会の見どころや、主要作品にまつわるお話などの説明を聞き、それから、展覧会会場へ。

pushikin3

第1章 17-18世紀 古典主義、ロココ

pushikin2

第2章 19世紀前半 新古典主義、ロマン主義、自然主義

pushikin5

第3章 19世紀後半 印象主義、ポスト印象主義

そして最後に、

第4章 20世紀 フォーヴィズム、キュビズム、エコール・ド・パリ

中でも、この展覧会の見どころは、「第3章 印象主義、ポスト印象主義」で、そう、展覧会のポスターに使われているルノワールの”ジャンヌ・サマリーの肖像”も、この第3章に展示されています。

実物で見るこの絵、パッと目に飛び込んでくるのは背景のピンクであるんだろうな・・・と思ってたけど、私はどちらかといえば、ブルーのドレスのほうが先に目に飛び込んできました。
このピンクの背景とブルーのドレス、まったくの個人的見解ですが、かなり斬新な色使いだと。

そして、やっぱりせっかくのフランス絵画ですから、エロティックでアンニュイな作品も・・・ということで、この3点の作品もおススメです。

第1章 「恋人たち / シモン・ヴーエ」「プレリュード / ルイ=レオポルド・ボワイー」
第2章 「カンダウレス王 / ジャン=レオン・ジェローム」

はい・・・こちら全くの個人的趣味ですが(汗)。
でも、ご覧になれば、私がここでこれらの作品を挙げた理由がわかってもらえると思います!!(強気)

と、少し話が個人的趣味に走ってしまいましたが・・・。

第4章では、ピカソの3作品の変化が楽しめ、全章合わせて様々な角度からフランス絵画を観賞できる、素敵な展覧会です。


プーシキン美術館展 フランス絵画300年

2013年7月6日(土)〜9月16日(月)
休館日:木曜日(8月1日、8月15日は開館)
開館時間:10時〜18時(8,9月の金曜日は20時まで開館。入館は閉館30分前まで)

横浜美術館
横浜市西区みなとみらい3-4-1

展覧会公式サイトは コチラ>>


※会場内画像は、夜間特別観覧会のため、特別に許可がおりました。
 
    



次回展示情報
★SUMMER展
7/12〜21
ギャラリーSIACCA
東京都中央区銀座2-9-6-B1


★THE LIBERTY 2021
8/4〜14
TOKI ART SPACE
東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F


★個展「宴のあと(仮題)」
11/4〜24(予定)
梅の木十条店
東京都北区上十条2-24-1 十条銀座商店街内

詳細は追ってお知らせします。
Twitter プロフィール
Instagram/sasakichikusui
Instagram
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
ランキングエントリー中
ポチッとクリックお願いします! にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ にほんブログ村 美術ブログ 筆文字・アート書道へ
人気ブログランキングへ
アクセスカウンター
  • 累計:

Contact

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 三菱の至宝展@三菱一号館美術館
  • 三菱の至宝展@三菱一号館美術館
  • 三菱の至宝展@三菱一号館美術館
  • 三菱の至宝展@三菱一号館美術館
  • 三菱の至宝展@三菱一号館美術館
  • 三菱の至宝展@三菱一号館美術館
  • ライブドアブログ