77383641-E124-47E0-8D04-6F4FE08ABCE1829BB09E-2A79-4755-970A-9116920304E0

SOMPO美術館で6月25日から開催されている「ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ」のプレス内覧会に行ってきました。

家庭の事情&コロナ禍で、しばらくSOMPO美術館には足を運べなかったのですが、すごくモダンで綺麗になったのですね。以前の地上42階の夜景が美しかった時も素敵でしたが、今度は通りに面して行きやすくなりました。

さて、今回の展覧会は、ランス美術館収蔵の風景画コレクションの中から、カミーユ・コロー、ルノワール、モネ、ピサロなどの油彩や版画など約80点の作品が、

FDD6B5C3-E33B-4873-89BA-37D7AB53A276  CBE578DA-7B1B-4D4F-827B-79E9930729E5

11286908-83B3-477B-9272-FEBB274D6ED9 ←展示作品をちら見せ

第1章 コローと19世紀風景画の先駆者たち 
第2章 バルビゾン派
第3章 画家=版画家の誕生
第5章 印象主義の展開

という、5つの章で展開されており、コローやモネ・ルノワーといった19世紀絵画の巨匠の作品の他、関連する資料や版画をめぐりながら、フランス近代風景がどのようにして成立していったか、大変わかりやすく展示されていて、「印象派とか難しそうだし詳しくないし…」という方でも楽しめる展覧会です。
個人的には、ゆったりとした風景画の数々は、このコロナ禍で不安定な毎日に、とても落ち着き癒されました。

どうぞ、時間をかけてゆっくりとご覧ください。

※会場内画像は、内覧会のため、主催者から特別に許可を得て撮影しています。


       ランス美術館コレクション
風景画のはじまり コローから印象派へ

会期 2021年6月25日(金)〜9月12日(日)
開館時間 10:00〜18:00(最終入館は17:30まで)
休館日 月曜日(ただし、8月9日は開館、翌10日も開館)
観覧料 一般1500円 大学生1100円 高校生以下無料
会場 SOMPO美術館
   東京都新宿区西新宿1−26−1